tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

再生1日目 [113]

4月1日(金)雨 退院して222日 / 手術から304日                                


起床  6時 00分   


いよいよ
今日という日が来た。
去年の春からほぼ1年の休職を経てついに。


もう二度とこんな機会はないだろうと思っていた。
復帰どころか、
命をつなぐことさえ諦めていたのに。



朝早くから東北原付旅のNさんからメール。
「いよいよですね。
 多分、疲れると思うので、
 テキトーにこなしてください」 
ありがとうございます。



校長室で辞令をいただき着任式を済ませたのち、
異動にともなう事務処理をして10時前にには終了。


今日は新しい学校の先生らにはほとんど会わず、
最初の職員会ではどう自己紹介したものか。
少し気が重いですが、
職場復帰のためには越えなければならないハードルです。



夕方、私のことをいつも案じてくれている千葉に住むいとこに
メールで復職を報告。
そのいとこの母親がまだ元気だった頃にもらった
クリスマスローズの写真を添付する。

 

                叔母からもらったクリスマスローズ もう10年以上になります
                    その叔母も4年前に鬼籍に入ってしまいました


ことしも地植えの数株が綺麗に花を咲かせています。
このクリスマスローズは、
なくなったおばの想い出そのものです。



夕食は
赤飯でお祝い。
生かされているこの命を
今度は、
大切にしていきます。




昨日、 古舘伊知郎さん、「報道ステーション」ラスト
「浪花節だよ人生は」の一節
「人の情けにつかまりながら、折れた情けの枝で死ぬ」を引用し、
「死んでまた再生します。ありがとうございました」
と12年を締めくくった。   


私も
「死んでまた再生」
したようなものです。
       



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。