tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

婦人の夏 : 210

11月5日(土)晴  退院して440日 / 手術から522日


小春日和。
レースのカーテン越しに縁側に差し込む日差しが
ポカポカと心地よい。


北米では同様の気候を
Indian summer(インディアンの夏)と呼ぶことはよく知られている。
米国の気象庁みたいなところの説明を自分なりに訳してみた。
       An unseasonably warm period near the middle of autumn,
                                       usually following a substantial period of cool weather.
           (秋の中頃の季節はずれに暖かい期間で、
                                                         通常は涼しい気候が相当期間続いた後に来る)
さらに同様の気候を
ロシアや北欧では
「婦人の夏」とか「老婦人の夏」と呼ぶのをなんかで読んだ。




ふすまをすべて閉め切って
光溢れる暖かい和室にいれば
体温も上がって免疫力が向上しそうだ。



この心地よい6畳和室の空間には、
  本   
    ギター
        テレビ
            コンピュータ
  そしてかたわらにプー ▽・w・▽


こんなに満ち足りていて
これ以上何を望むことがあるだろうか。



足りない物があるとすれば
それは、、、、


せめて数年先まで健康でいられることの保証かな。
でもそんなこと、誰にも分からない。


あ、もうひとつあった!
昼間からビール飲みたい (>o<)
      



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。