tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

緊張の結果説明 : 220

11月21日(月)曇   退院して456日 / 手術から538日



最初に形成外科の診察。
喉のケロイド手術の痕、お腹、両太股の傷と
すべて問題なし。
ちなみに、
1回目の手術でお腹から舌再建のために皮弁を採取し、
2回目の手術では、太股から採取。


もう体中傷だらけ。



次に頭頸科。
緊張のPET-CT結果説明。
呼び出しベルが鳴って診察室へ入るときは
さすがにドキドキした。


今回は体にいくつか気になる点があったので、
覚悟を決めてからドアをノックした。


だがH先生、
明るく軽い調子で
「PET、問題なかったですよ」


一気に脱力。
よかった ヾ(^v^)k


「術後1年半ですねえ。非常に調子いいですよ」


口内視診と鼻からのスコープともに異常なし。



会計を済ませ、
うれしかったので
調子に乗って病院のレストランでラーメン食べた \(^^@)/



次の検診は2ヶ月後
年明け1月23日。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。