tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

ICUから個室へ そして、、、 [23]

正月気分も抜け、
やっと過去をたどる闘病ブログの再開です。



5月26日9時から27日5時までの
約20時間もの手術の後、
ICUに2日間。


とにかく
頭を動かせないことと
息がしづらいことがつらく、
そして寝ても覚めても妄想ばかりの2日間でした。
そんな朦朧とした意識の中でも
「一刻も早くここを出たい」
と念じ続けていたのを覚えていますが、
あとのことはあんまり覚えていません。


その後重症患者用個室に移動したのが
5月29日。
その部屋は処置室の真ん前の部屋なんですね、やっぱり。


            手術から2週間後くらいに撮った写真です


個室に移ってからも、
頭を動かしてはいけないのは変わりなく、
これは精神的にもつらかったです。
目玉の動く範囲だけの視野
というのは限られていて、
ストレスがたまるのです。
このことはあとで触れる幻覚と、
絶対密接な関係があると思っています。


あと、痰が飲み込めず、
溜まると息苦しさが倍増されて
すぐに看護師さんを呼ぶことになるのですが、
同病の方が口をそろえて言われているように
気管孔からの吸引が
これまたつらいのですね。
でもやってもらわないと、なお呼吸が辛いしで、
15分に一度くらいの頻度で
ナースコールを押していたように思います。
1日に3回担当が変わるのですが、
どの看護師さんも嫌な顔を見せず、
本当に感謝です。


悪夢・妄想は相変わらずで、
覚醒しているときにも
いろんな幻覚を感じるようになりました。
どういう幻覚かはまた後に書くことになりますが、
「自分はこのまま精神を病んでいくのではないか」
と本気で心配するほど頻繁に幻覚で苦しみました。


体の状態はと言うと、
たくさんの管が繋がれており、
全部で7,8本?
人造人間のようで、
ほんとすごいことになっていました。

手術数日前に、術後はこんな感じです、と説明用のプリント ダミー人形がとってもおそろしげ(O_O)


のどは気管切開されて、
カニューレというものが挿入されています。
息が抜けて声を出せなくなった自分、
というものをまだ受け入れられず、
そのこともあって
ストレスがますます溜まっていきます。


両足には、
血栓防止のために
電動のフットポンプ。
シューシュー音を立てながら、
24時間休みなく足裏をモミモミしてくれてました。


妄想の原因にもなったのでしょうが
痛み止めのおかげで
痛みというものはあまり感じず、
ただただ動けないことと息苦しさとの戦いでした。


そんな状況にあっても、
個室2日目には
看護師さん2人に助けてもらって立ち上がり、
3日目の6月1日には歩行器にもたれかかって
よろよろしながらも診察室へ歩いて行くなど、
順調な回復ぶり、
と誰もが安堵する中
その朝8時過ぎの診察で、
あまりにも突然の信じられない決定が、、、


寝耳に水
  青天の霹靂
     急転直下
       ALL of a sudden


自失茫然


そんなバカな!!


自分の耳を疑いましたね
その時ばかりは。


今からすぐに緊急手術


ですって \(◎o◎)/!




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。