tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

あの頃のこと Part2 : 227

12月4日(日)雨   退院して469日 / 手術から551日


昨夜夕食に
回転ずしを食べに行く。


にぎり寿司を食べるたびに思い出すのが
昨年10月末、
術後5ヶ月、退院2ヶ月頃に
にぎり寿司を食べたこと。


開口障害で口が開かない。
人差し指1本ちょいくらいしか。


でどうしたか。


にぎり寿司1貫を3分の1くらいにちぎり、
さらにその1/3を指で少し潰してから口へ押し込む ( 。-_-。)


にぎり寿司をそんな風にして食べても
まったくおいしくない。
マ・ズ・イ、、、、。


大好きなお寿司なのに、、、、。


食べているうちに
だんだん腹が立ってくるわ
しまいには悲しくなってくるわで、
そんなことでも失ったものの大きさに悲嘆する日々だった。



あ、それからついでに、
くしゃみやあくびも。
口が十分に開かんから途中で止まってしまう。


特にくしゃみを途中で止めざるを得ない
あの悔しさおよび無念さ、、、、。



お寿司を食べるたびに甦る苦々しい記憶。


でも、術後1年半。
今ではにぎり寿司を一口で頬ばり、
くしゃみやあくびも
力の限りできるようになった。


嗚呼、ありがたい。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。