tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

まさかの10%が、、、 [24]

衝撃の急展開。
「緊急手術」と聞いた瞬間、
しばし思考力を失いました。


朝8時半の診察で、緊急手術決定。


原因は、移植した皮弁ににつないだ血管(これも左足からの移植)
血栓ができて血が流れなくなり、
皮弁壊死を起こしたため。


そのことは術前に、
約10%の確率で起こりうるリスクのうちの一つ、
ということで先生から事前説明があったけれども、
でもそんな最悪のことがまさか自分に起こるとは思わないですよね。


ほんの5日前に、
20時間もの手術を受けたばかりなのに、、、。 
  
   ちっくしょー! ざんねん!!
                     (古い! でもまさにその心境)


                                            干潮の加茂川河口 遠く今治や広島の島々


医師と看護師らがあわただしく準備をしているのを
なぜか冷静に横目で眺めていられたのが不思議だったけれど、
それでも手術と聞かされたときは、
ふいに涙がひと筋ふた筋。
  
しかしすぐに、
「ええい、もうどうにでもしてくれ」という風で
意外と落ち着いていられたのは、あとになって考えると、
もうほとんどやけくそだったのでしょう。


手術室へ向かう直前に、
手術の中心となる先生が
「つらいね。がんセンターの最高のスタッフと技術で頑張るから」
と声をかけてくれたことがとても心強かったです。


ストレッチャーに載せられて病室を出たとき、
見送る看護師さんたちに軽く手を振りました。
軽く笑顔も見せていたと思います。
でもなんだったのでしょうね、あの余裕は。
今になってみると、
その時の自分をほめてやりたいくらいです。


頭頸科の看護師さんが
手術室の中まで入ってきて(くれていたと思う)
麻酔の直前までいて
励ましてくれたことが
のちのちまでずっと記憶に残っていて
すごく嬉しかったです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。