tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

希望 : 260

1月23日(月)晴  退院して519日 / 手術から601日


朝起きると
庭や道路もうっすらと雪化粧。
とっても寒い。



平成27年の8月23日に
4ヶ月にもおよぶ入院の末退院。


今日
それから通算16回目の診察日だった。


最初に採血を済ませてから
形成外科へ。
再建舌の視診および触診するも異常なし。
皮弁を採取した右足太股の傷の部分にいくつか湿疹ができており、
薬の処方をして貰う。


頭頸科では
口内視診、鼻からのスコープ、頸部エコーと行い、
「いいですね」とH先生。
「あと2回2ヶ月ごとの診察をして2年経過したら、
 それからは3ヶ月ごとの診察にしましょう」とのこと。



診察の終わりに
今まで何度も聞こうとして聞けなかったことを
ついに聞く。
それも唐突に。


  「5年、寛解までいけるでしょうか?」


H先生
少しの間をおき
しっかり私の目を見て、


  「私は、いけると思っています」



思わず目頭が熱くなりそうでしたよ。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。