tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

石が(×_×) [33]

6月29日(月) 入院60日 手術から28日
 採血   腹部エコー検査           
・頭頸科     久しぶりに主治医M先生もいっしょに診察、洗浄。
・形成外科   若いT先生、右足診た後「きれいに治ってますねえ」
        に自分、うっそー! どう見てもひどいことになっとるのに。
              元に戻るのか、の質問に、
            「皮膚を取っているから戻らない。色は多少、皮膚に近づくかも」 
            ショック!! 
           でも、まええか、、、。
        命と引き替えと思えば。
・肝機能改善の注射始まる 毎日昼前


△エコー検査 例の器具を押し当てながら、「ここ痛くないですか?」
       と同じ箇所で同じ質問を繰り返すのが不安
△薬剤科訪問「肝機能の低下は、たぶんカロナール長期服用のせいだろう。
         カロナール止めて他の痛み止めにしましょう」
△リハビリ    午前 肩と背中のマッサージ
         午後   自転車以外にもいろんな運動が始まる。
              なかなかしんどいけど頑張る! 
              今までできなかった首後ろのマッサージ始まる。
△消化器外科 A先生来室   14:30
         お腹押しながら、
        「ここ痛くないですか?
          エコー検査の結果、胆石(1㎝)ありました。 
               痛みがなければ放っておいていいが、
                   痛んでショックを起こすことも。
          肝機能の数値悪いこととの関連も気になるが、
           とりあえず注射と投薬で様子を見ていきましょう」 
        
                    痛みなどの自覚症状はないのになあ、、、、。


  胆石も見つかるし、
  盛りだくさんな1日で、疲れ果てました(×_×)
           


6月30日(火)入院61日 手術から29日
・頭頸科   喉の傷の中「だんだん狭くなってきていていい感じです」
・歯 科   口内視診だけ「きれいです」
・リハビリ  午後の部の運動が、かなりしんどい! 
       棒やボール、ウエイトなどを使って8種類 約1時間
     「ここまでしてええのか?」などと思いながらも頑張った!!  


               単なる体力の回復だけでなく、
       呼吸力を強化し、
       唾液や食べ物を飲み込む嚥下力回復の運動や訓練もあり
       今後の生活の質の向上にもつながることなので、
       必死に、なりふりかまずやってます。
       


◎担当医H先生来室   17:00
 「胆石は 変なところへ入り込まない限り 
    今のところ手術はない。
    肝臓の数値悪いのは、                                                                      
    カロナール(痛み止め)長期服用のせいであって欲しい」 


  もう手術はこりごり
 どうか肝機能回復しますように (o_ _)o 
 胆石も、どうにかなりますように (_ _)

 
この日、
「東海道新幹線のぞみで焼身自殺」
  なんていう悲惨な事件がありました。
    巻き添えにあわれた女性の無念を思うと、
    言葉もありません。


 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。