tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

いつかはこんなことが、、、: 324

5月17日(水)   晴  退院して633日 / 手術から715日


いい天気だ。
暑い。
退院してからこれまでの診察日の平均降水確率は、
確実に90%を超えていたのに。
夏を思わせる入道雲みたいなのがモクモクと。


             



今日は退院してから19回目、
術後約2年目にあたる診察日。


頸部MRI、胸部X線、採血、形成外科診察、歯科診察治療ときて
諸検査の結果が出るの待っての頭頸科診察。




そして、
いつかはこんなことになるかもしれないと、
ある程度の覚悟はしていたが、、、。


診察室のイスに座るなり
担当医H 先生から、
「MRIの画像上で、
 転移を疑わせる部分があると担当から所見上がってきています」


すぐに鼻からスコープを入れ喉や口内を診て
「見える部分には再発転移を疑わせるようなものはないです。
 血液検査も肺も問題ありません」


「私は大丈夫だと思っています。
   でも、ほんの少しでも疑わしいものがあるなら、
 早く徹底的に調べておきましょう」


そこで早速来週の水曜に、
PET-CTの予約を入れてくれる。


本来ならPET-CTの結果は1週間後の診察で伝えられるのだが、
H先生頑張ってくれて
PET-CTを朝イチでやって
なんとその日の午後2時の診察で結果説明をしてくれることに。
画期的なことでありがたい!
だからH先生、好き!!(笑)




さすが、Stage4。
なかなか簡単にはいかないな。


でもくよくよしない!
悩んでも1日30分まで!!



         

帰りに病院裏側の道を通り、
路肩に車を停めて
入院していた7階の部屋をしばし見上げる。


ああ、
しんどい日々だったけれどなつかしい。




よし、明日からまた仕事に精を出す!







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。