tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

Dangerous zone を超えた : 331

5月24日(水)   雨  退院して640日 / 手術から722日


PET-CTを受けてきた。


そして
やっぱり通院日は雨、、、。


                 


9時開始で20分前までに受付を済ませよとのことなので、
7時15分に家を出て途中部分的に高速を使い
8時15分がんセンター着。


                    


PET-CTはMRIよりも時間は長いが
騒音少なく目の前の閉鎖感もそれほどでもなく、
約40分くらいの間に数回、眠気で落ちそうになった。


11時半前には検査を終え、2時からの診察を待つために
待合室で本を開いたが
いろいろ考えてしまって集中できない。
最悪のことも想定して
腹をくくっているはずなのに、、、。



で、呼び出しのブザーが鳴ったのが
予定より10分早かったので少しうろたえてしまった。


診察室に入ってあいさつをしながら
PETの画像が視界の端に入るが敢えて見ないようにしていると、
H先生、
「長時間お待たせしてすみません。
 PET、何もなかったですよ」
と涼しい顔でおっしゃる。


先週のMRIで転移の疑いありとの診断があったので
今回ばかりは流石に覚悟していた。
Stage 4なんだから「やっぱりな」とも。


それで何もなかったといきなり言われたものだから
いっきに安堵感が押し寄せてきてとっさに言葉にならなかった。
「今回は半分以上は駄目だと、覚悟していました」
というと
「よかったですねえ」と先生もうれしそうに喜んでくれる。


先週のMRIのもやもやとしたものは扁桃腺炎などでも映るらしく、
PETでは映らなかった。
その点は今後も注意して見ていくことに。



これでどうやら、
術後2年という
最も dangerous な zone を超えられそうだ。


よかったよかった。


ありがとう。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。