tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

能天気にまた数年 : 4

1㎝四方の白いものを舌裏に抱えたま、
それから更に数年の年月が過ぎた頃、
たまたま新聞の記事で舌癌に関するものがあり、
その中に「白板症」という症状についての記述があった。
それによると、
「白板症の約10%が癌化し、前癌状態、、、」とあった。


さすがに能天気な私も、これには一瞬血の気がひいた。
それからしばらくネットで白板症について自分なりに調べた結果、
自身の状態も間違いなく白板症であると確信を得た。  


そして、その後どうしたか。
普通なら病院へ行くのが自然であり、当然なのだろうが、
なんと医者に診てもらわずに、
またもや様子を見ていくことにしたのである。
なぜなら、「約10%が癌化する」ということは、
9割は癌にならないということなのだから。


能天気もここまで来れば立派というか、すごいというか、、、。
要するに、
馬鹿だ。 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。