tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

考え方の違い? : 403

8月18日(金) 晴時々曇 退院して726日 / 手術から808日


今春社会人になり、
お盆で帰省していた息子が今日広島へ戻っていった。


学生時分より
多少は気が利くようになっているのかいないのか。
いろいろと多くは聞かないが、
まあ頑張って欲しいもんだ。



女房は
手術に向けて週明けの21日に入院するのだが、
そのことは息子には絶対教えるなと頑なに譲らない。
女房に言わすと、
就職したばかりでただでさえ気疲れしているのに、
これ以上余計な心配をかけたくないと。
ふん、確かにその通りだ。


だが、それとこれとは別の問題だと私は思う。
大学まで出ていっぱしに働き出した社会人を
いつまでこども扱いして甘やかしているのかと。
私は真実を伝えるべきだと思っている。
少し冷たい考えだろうか?


まあ、前回私が病気のときには一生分世話になったので
今回ばかりは女房の言うとおり伝えずにいるけれど、、、。



どっちが正しいということはないだろうが、
考え方の相違か
それとも
母親と父親の差なのか、、、。



そんなことより
ひとりになってからの、
自治会のゴミ捨て場の当番だの
宅食がない土日のメニューだの
しわの入らない洗濯物の干し方だの
麦茶作るときのお茶パックを入れるタイミングだの、、、、。
いろんな細々とした問題が山積している。



まあそんなこと悩まんでも、
どうにかなるか。 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。