tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

戯れ言 : 439

10月2日(月)雨 退院して771日 / 手術から853日


すっかり日が短くなった。
今日のような天気の悪いときはなお更で、
17時半を過ぎるともうすでに車のヘッドライトが灯り始める。



ああ今夜も酒を呑みたい。
毎日でも呑みたい大好きなお酒だけれど、
手術から2年と4か月。
つらいがまだ週に2回までと我慢している。


その代わりと言う訳ではないけれど、
酒にまつわるテレビ番組をよく見る。


・吉田類さんの「酒場放浪記」
 店の選択が自分の好みでない。
 箸の持ち方や食べ方など、マナー悪い(×_×)
・太田和彦さんの「ふらり旅 いい酒いい肴」
 太田さんの声があまりにもボソボソで聞こえにくくストレスになる(×_×)
・「おんな酒場放浪記」
 もうちょっと酔って本音で語って欲しい(×_×)
・「ワカコ酒」
 なんと言っても芸がヘタ(×_×)
・で今やってる中では、
 六角精児さんの「呑み鉄本線・日本旅」がいい。
 バックに流れる彼の歌と相まってしみじみ感がたまらん。
 人生の悲哀を感じる〇
・だがなんといっても私の中のベストは
 「酒とつまみと男と女」
 だいぶ前に放送終了したのが残念。 
 内容に独特の味わいがあり、
 人生の悲喜こもごもが感じられ一度見てファンになった◎


 さらに番組中やエンディングで流れる
 Ry Cooder(ライ・クーダー)の Dark End of Streetで
    見事にハートをわしずかみにされました。



最近では所さんやダウンタウンの番組もあるが見ない。
それらには
酒のみのたしなみや
味わいだの情緒だのもない。
大袈裟に言えば人生の悲哀といったものが感じられない。



そんなこんなの
酒呑みの一人勝手な戯れ言。



術後3年経過したら
週3にしたいな。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。