tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

キセキ的 : 554

2月20日(火)晴 退院して913日 / 手術から995日


大病して、
生きるためにベロのほとんどを失った。


その結果、
食べることと喋ることに障害が残ったが、
手術からあと数日で1000日。
食も会話も、
普通に生活していくことがよいリハビリとなり、
お医者さんも驚きの回復らしい。


そんな状況の中で、
時々記憶の引き出しから引っ張り出して励みにしている言葉がある。



昨年の形成外科での診察で、
「先生、喋ることはもっと回復しますか」の問いに
K先生
「舌がほとんどなくてこれだけ喋れること自体が奇跡的だけど、
   もっといけると思います」


奇跡的
きせきてき
キセキテキ、、、



そうなんだ
キセキテキ、なんだって。



視界の開けない
効果のあるとも思えないリハビリを、
やり続けたたことが報われた思いがした。


そしてこれからもずっと
そのK先生の言葉は励みになるだろうな。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。