tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

やっと帰れました [58]

8月23日(日)晴   入院115日目 /  再手術から83日      
                                                   
朝 食 (クルミパン、スクランブルエッグ、フルーツ、野菜ジュース)
    30分で完食するが、、、、。 

やっぱりパンはしんどい ( 。-_-。)

   
診 察  8:40
 のどの傷口と口内診察
 記念の?鼻からのファイバースコープ   「心配ないですね」          
  「思った以上に入院長引いて
   大変だったけど、
     この時期に普通食食べれている人珍しい」


退院手続き済ませ、
妻と病室を出ようとするところへ
担当医H先生が来られて、
「確かにこの入院は大きな山だったけれど、
今後も2ヶ月、半年、1年、そして2年と  
それぞれ山があります。頑張っていきましょう。」

H先生、
本当ににありがとうございました。
そしてこれからもよろしくお願いします。


各階にある談話室

       寝られぬ夜、灯りをつけてもらいここで過ごしたことも


11時過ぎに病院を出る。
日曜日で、お世話になった先生や看護師さんに
十分にお礼を言えなかったのが
すごく残念(×_×) 



病院近くのショッピングモールへ。
入院前に比べると
10キロ以上軽くなっており、
服が合いません。><
パンツ2本とポロシャツ1枚を買う。
久しぶりの人混みは緊張したのと、
やっぱりしんどかった。


帰宅前に地元のラーメン店で昼食。
ちゃんと食べられるのかどうか
すごく緊張しました。
一生懸命食べたけれど、
食べ終わるのが妻よりだいぶ遅かった。
しかし
食べにくいなりに、
むせたりすることなく完食できたことで
少し自信をもてて嬉しかったです。


本屋で
直木賞 「流」を買って帰宅。
 
帰宅すると
帰省中はめったに家にいない息子がおり、
奴なりの気持ちの表現か。
今日はどこへも行かずに家にいたらしい。



115日ぶりの我が家。
やっぱり家は落ち着くわ。


玄関を開けると
こいつが
待ってくれていました 。


この瞬間を
幾度夢見たことか (; ;)ホロホロ

  



帰れたのはうれしいけれど、
これから
つらいことや歯がゆいことが
いっぱいあるんだろうな。


覚悟して
過ごしていかないと。


   
   
          世界陸上 ウサイン・ボルト 
         100m  9秒79  金
  
          やっぱり速いわ


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。