tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

なんくるないさ~ [59]

8月24日(月)晴 
                            
昨日退院し
115日ぶりに
何のストレスもない
落ち着いた一夜を過ごせました。


この頃の体の状況は、


・まだまだあごから首、肩にかけての
 強ばりとつっぱりが強く、
 例えば食卓で手を伸ばして醤油を取ったり、
 という動作さえつらい  (>_<)
 
 だが、6,7月頃に比べたら
 確実にそのつらさは軽くなっている ヾ(^v^)k



・左側のエラからほっぺにかけての腫れ
 退院数日前から
 心なしかひいてきた感じがしないでもない。
 
 でも人が見たら、
 「えっ?」てまだ思うだろうな  ( 。-_-。)
  
 右側は、
 だいたい正常近くになりました  \(^O^)/



・耳たぶから耳の下、
 あご、くびから肩、鎖骨にかけての
 感覚麻痺または鈍化
 入院してた頃とあまり変わらず  (・_・、)



・皮弁再建のために
 傷ついた両大腿部の傷
 こすれるとヒリヒリと痛みますが
 何よりその見た目が、、、、 (゜o゜;;
 一生このままだそうです  (; ;)ホロホロ



・食事
 いっさい配慮せずに
 普通食を出してもらっていますが、
 必死で食べてます。
 健康なときの3倍くらい時間がかかり、
 時にはイライラして、
 食べることが苦痛に感じることもあります  (>_<)
 
 しかし、しかし!
 舌ほぼ全摘のため諦めていた味覚
 感覚として5割くらい
 残っているという事実とその喜びの前では
 少々の食べにくさくらい我慢できます  (*⌒▽⌒*)
 


おしゃべり
 リハビリのF先生は
  「必ずもっとはっきりと話せるようになる」
 と明るい展望を与えてくださいました (^_^)
 それを信じて、地道に練習するのみです。
 
 今は電話がかかってきたり、
 人がやってきたりすることが
 恐怖そのものです  (゜o゜;;
 
 お店に入ることさえ臆病になっている現状に、
    深い悲しみと焦りを感じることも
 しばしば。


 しかし、
 血ヘド吐くくらいいっぱい練習して
 もっと喋れるようになって
 必ず復帰してみせます!!!  



今日は
つらいことや
できないことばかりのブログになりました。


でも
「生かされている」
ことの喜びからすれば、
みんなささいな取るに足らんことです。


なんくるないさ~




あ、そうそう
長い入院生活の間に、当然車のバッテリーがダメに。
信販会社のロードサービスを使ってバッテリーチャージしてもらい、
その足ですぐにオートバックスへ。 

オーバーキャパシティーの物しかなく、
結局は店が儲かるようになっているんだ!
23500円也 (;。;) 



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。