tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

安心感 : 692

8月22日(水)曇時々晴  退院して1096日 / 手術から1178日


雲間から日が差したと思ったら急に雨がパラパラ。
で曇ったり晴れたり雨降ったり。


小学生の時に、
日が照っているのに小雨がぱらつく日照り雨のことを
「狐の嫁入り」と言うことを知り、
得意になって友人に話していた数十年前の断片的な記憶が
ハンドルを握りながら唐突に思い出された。



今日はがんセンターの歯科受診。
自宅近くの歯医者でもいいのだろうけど、
やっぱり自分の口の中のことをよく分かってもらっている安心感が欲しい。


  


手術時に、左奥の下の歯数本を抜いているので、
実際の咀嚼で使っているのは右側だけ。
残っている歯を健常者以上に大切にしなければならない。


9月末の頭頸科、形成外科の診察の日に、
歯科も入れてもらって、
スケーリングとレントゲンで見えない部分もチェックもしてもらうことにした。


入院中、同時に最大7つの科で診てもらっていたことなども
今となっては苦々しくも懐かしい。
頭頸科、形成外科、歯科、消化器外科、皮膚科、リハビリ科、そして緩和ケア科。


              


今ではその時の無知を笑って済ませられるが、
緩和ケア科の医師がたびたび病室に訪れることで、
ああ、自分はそんなにも悪いんだと悲嘆に暮れていたことが
3年以上も昔のこととなりマチタよ。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。