tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

半泣き : 719

9月26日(水)曇  退院して1132日 / 手術から1214日


退院後、29回目の診察日。
下道を使っての約1時間15分、50kmの道のり。
途中、広大な麦畑の中の農道を「姫神」を聞きながら行く。


 


血液検査、胸部X線、造影MRI、触診と鼻からのスコープ等、
すべて異常なし。
「最高の結果です」との担当医H先生の言葉に安堵のため息もつかの間、
診察の最後にH先生から「ショックなお知らせが、、、」ときた。
はっと思ったが、なんのことかすぐに察知した。


「12月が~さんを診る最後になります」



ええぇー!、嘘だろ~、どーして?
なんてこったい!!
いろんな思いや言葉が脈略なくなくあふれ出す。



「12月の最後の診察でいきなり言うのもなんなので」
「万全のことをして引き継ぎをますから」


そんなことより、
H先生にずっと診てもらいたかったのに、、、。



今日の検査のヨロコビなどショックでどっかいっちまったよ。
ええ歳したおっさんが、
半泣きになりまちた。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。