tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

痛かった (≧Д≦) ! [79]

10月27日(火) 晴夕方から雨 
                                         退院66日目  手術から148日


起床 7時 00分    



今日は正午過ぎから
消化器外科で、
ずっと嫌に思っていた治療の日。


それは何かというと、
胃ろうの交換。
まったく使っていないのに、
半年に一度は交換しなくてはいけないらしく
5月に入れたので今回が初めての交換です。


入院してた時に担当のH先生が、
「一瞬で終わるしそんなに痛くないですよ」
なんて軽い調子で言ったものの、
その説明の少し後に
同室の人が胃ろうの交換を終えて
病室へ帰ってきたときの看護師さんとの会話。
「目から火花が出るんかと思た。
まったく医者というのは患者の痛みについて気を遣わん!」


もう、H先生ったら~  >_< 


覚悟はしてたものの、
やっぱり痛いのは嫌だわ。
でも看護師さんがいきなり、
「ちょっと痛いけどがんばってください」
だと(×_×)


交換は内視鏡室でx線で映しながらやります。
先生鼻息混じりに軽い調子でやってきて(そう見えた)
「力抜いてね、って言っても無理か」


どいつもこいつも (`´)!


結局
抜き3秒 入れ5秒くらいか。
一瞬といやあそうだけど、
やっぱり痛かった (; ;) 
ちょっと出血しているので、
胃ろうの上から大きめのガーゼを張って終了。
「今日から食事もお風呂も何してもいいですよ」


ちょっとビビってたけど、
目から火花が出るほどではなかったので
よかった、よかった (^▽^)  


帰るときにお腹を押さえて歩いていると、
お世話になった看護師さんに会い
胃ろうを交換したことを話すと
少し休んでいけとのやさしいお言葉。
辞退はしたけどうれしかったです。


帰りの運転は、
シートベルトが胃ろうに当たって痛いので、
左手でベルトを持ち上げて運転しまちた  ><。



次の交換は4月か。
ちなみに、
まったく使ってないのに
なぜ胃ろうをそのままにしておくのかというと、
「もし再発・転移があったときのための保険と思って
 しばらく置いておきましょう」by H先生


2年くらいしたら抜去するとかしないとか。
これものどの永久気管孔と同じで
抜いたら早い人は数日で自然閉鎖するそうな。


はやく来い来い
術後2年 (^O^)/





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。