tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

つらい報告 : 9

自分の中では
覚悟はできていた。
残された日数が、
短い範囲で限定されるのではないかとも。


しかし、今日の診察ではそこまではいかず、
「舌癌」であるこただけがほぼ確定した。
1週間後の22日に、今日行った種々の検査結果をもって、
より明確な、そして厳しい診断が下るのだろうな。
しかも女房が同席した場で。



帰路の車中も「グレゴリオ聖歌」が流れる。
昔からこの音楽を聴くと、
落ち着くというのでもない、
何か諦観したような気持ちになれた。



夕食の準備をしていた妻に、
とりあえず今日の診断結果を短く伝えた。
「がん」と聞いた瞬間、
泣き崩れた。
そして「いつから悪かったのか」
と厳しく私を責めた。


気持ちの準備期間が何ヶ月も、いや何年もあった自分に対して、
女房はきのう、今日突然聞いた話である。
そりゃ驚きもするし、怒りもするし、そして取り乱しもするよなあ。


しばらく泣き続け、
そしていくぶん落ち着いてからこうも言った。
「まだこの歳で、未亡人になるのなんか嫌だわ」






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。