tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

緊張の検査結果 [92]

12月21日(月) 雨曇    退院121日目 / 手術から203日   



今日は緊張の
PET-CTの結果説明の診察日。
この1週間足らずは
やっぱり精神がが落ち着きませんでした。


まずは形成外科の診察。
30分ほどの待ち時間の後診察。
口内順調問題なし。 
左足「痛がゆい」と言うと、
リンデロン軟膏を2つ処方してくれました。



運命の頭頸科。
予約では13時だったので、
ローソンでBoss微糖などを買って飲もうとしていたら
12:20くらいに呼び出しかかる。 
早目の呼び出しブザーにびっくりたまげて
腰が浮いてしもた。


おそるおそるドアを開け
イスに座ったとたん、担当H先生
「PET-CT 再発、転移を疑う所見なし」と、
診察の最初にそのことを伝えてくれる。
血液検査もまったく問題なし。
「皮弁もすごく落ち着いている」


「再発、転移について、そんなに神経質にならなくてもいい」
というようなことも言われましたが、
それは無理というものです。


ひと月ごとの診察が
次からは2ヶ月ごとの検診となり、
次回は2月15日。


「職場復帰に向けて頑張ってください」
の先生の一言に、
思わずホロリとなりました。


H先生の何気なくとも人間味あふれる一言に
入院中から何度泣きそうになったか。


深々と頭を下げて診察室を出る。



帰りに隣の町のラーメン屋さんで
みそラーメンで遅い昼食。
退院後初めてのひとり外食。 
やや緊張し、
遅くなりすぎないように少しだけ焦りつつ食べたが、
14分ほどで完食。 


今日の夕食は、 ナポリタンスパゲティ。 
偽ビールで検査結果の無事を乾杯して祝う。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。