tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

動揺する : 713

9月18日(火)晴曇  退院して1124日 / 手術から1206日


もうすぐ秋のお彼岸というこの頃に、
この赤色が目に飛び込むと
毎年決まって思わずはっとさせられる。
軽い動揺を覚えると言った方がいいかもしれない。


それはその名前があの世を連想させるからか、
それともその毒々しいまでの妖しい姿故か。


事実、この花には、
花、葉、茎、根とすべての場所に毒があるという。


           


「曼珠沙華」は梵語であるサンスクリット語で
「天界の花」という意味であることを先日何かで読んだ。


ということは、
三途の川の向こう岸には、
この妖しくもおどろおどろしい花が辺り一面に咲き乱れていると、、、。


うーん、映像としてなかなか気味のいいもんではないな。


だがこの先誰もがその川を渡ることは必定なのだから、
負のイメージを少しずつ払拭して
その日に備えておかなければならない。


そこで何かイメージアップにつながることはないかと花言葉を見てみると、
赤い彼岸花のそれは、
 情熱
 独立
 再会


「再会」というのがちょっと引っかかるが、
なかなかいいではないですか。



そういやその昔、山口百恵さんの歌に
「曼珠沙華」まんじゅしゃと読ませていた)というのがあったな。
ユーチューブで早速見てみる。


  涙にならない悲しみのある事を知ったのは つい この頃
    形にならない幸福が何故かしら重いのも そう この頃


ああ、やっぱりこれ以上ないくらい暗く重い内容だった。
わざわざ見るんじゃなかったわ (>_<)


遠くへ来たもんだ : 712

9月17日(月)晴曇  退院して1123日 / 手術から1205日


気持ちよく晴れ上がっていたというのに、
お昼過ぎからあっという間に灰色の雲が広がり始めた。
雲に隠れてしまった山の中はきっと雨だ。


       


昨夜は職場の飲み会。
この仕事にはもうほとほとうんざりしているのだけれど、
たまに参加する飲み会はいいもんだと思った。
ただ、酒が入るとやたら声を張り上げる奴がいて
思わずうるさいと何度か言いそうになったが、
そこは分別あるナイスミドルとしては我慢し、
おとなの酒を存分に見せつけてやった。



今朝は鯨飲した割に二日酔いもない。
酒に関してはまだまだ若い連中には負けてないぞと、
変なところで強がる自分が年甲斐なく情けない。


そして
今日は特別にお年寄りを敬う日。
少ない親類を見渡してみても、
敬うべき人はほとんど鬼籍に入ってしまっている。
さみしいもんだな。


でいつの間にやら5,6年後には
自分自身がお祝いされるほどに齢を重ねちまっている。


カブトムシつかまえようと林の中駆け回ってた頃と、
基本的な精神構造はほとんど変わっちゃいないというのに、、、。


ああ、
思えば遠くへ来たもんだ。



染み入る3拍子 : 711

9月15日(土)晴後曇  退院して1121日 / 手術から1203日


ここ最近、
「ふるさと」ばかり弾いている。
もうこれしか弾いていない。
ほかの曲を忘れてしまいそうだ。


だが、
「弾ける」ということと「聴かせられる」というのとでは、
まったく別の次元の問題だ。
そういう意味では、
残念ながらまだまだ弾き足りていない。


      


この曲に関する逸話で、
日本語も曲も知らないアラスカ先住民が
現地で活動していた日本人写真家の追悼行事で初めて『故郷』を聴いて、
涙を流したというのだ。
賛美歌ゆずりとも言われるゆったりした3拍子の美しい旋律は、
国境を越えて人々の心に染み入ったということだな。


  
  こころざしをはたして
  いつの日にか帰らん
  山はあおき故郷
  水は清き故郷 


志は一生果たすことなく終わりそうだが、
せめて人の心に多少なりとも響くような演奏をしたいもんだな。