tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

準備 そしてやっと! [146]

8月2日(火)晴    退院して345日 / 手術から427日


3日後の8月5日に
約1年ぶりにまた
がんセンターに入院することになっています。


ただ、再発や転移とかでなく、
頭頸科のH先生の勧めもあって、
形成外科で
喉の手術痕をきれいにする手術を受けるためです。
立て続けに2度も切ったせいか、
手術で切った部分がけっこうなケロイドになっているのです。




昨年4ヶ月も入院してましたから
慣れたもんですが、
その時の経験から学んで
3つの小物をAmazonでお買い物しました。


      耳栓  読書用ライト  LANケーブル


ストレスのない入院になるといいな。
すべては
どういう方が同室になるかにかかっています。
今回受ける手術より、
そっちの方が気がかりなくらいだわ(×_×)




ちなみに、
十数年前の病気発症まで遡って書き始めたこのブログ
昨年の12月11日に思い立って始め
本日160回目の更新をもって
やっと現在に追いつきました!


思い返せば
いろいろありました。


これからもがんばりますね。







至福のプラマイゼロ [145]

月31日(日)晴  退院して343日 / 手術から425日                                 


昨日昼過ぎから
以前の職場の同僚、Jさん・Nさんの3人で
愛媛県最北端の「大角の鼻」おおすみのはな)
へキャンプに行ってきました。
二人と会うのは
6月11日にNさんのキャンピングカーで飲んで以来です。 


すぐ目の前の
潮が川のように流れる海峡に
大きなタンカーや漁船が絶え間なく行き来し、
ほんの少し沖には
愛媛や広島の島々がたくさん連なるように存在します。
右手には
しまなみ海道のいちばん今治寄りの来島海峡大橋も望まれます。



16時前にはテント設営を終え
みんな競うようにして冷えたビールを口にする。
日差しはきついが
海風が心地よい。



海峡に行き交う船々と、
刻々と色を変える空も酒の肴に
各自持ち寄った酒やつまみで至福の数時間。




波の音。
ラジオからなつかしい音楽。
灯油ランプの灯り。
ライトアップされた来島海峡大橋。
そしてくだらなくも楽しいお喋り。
とりあえず今のところ文句ありません。



いい気持ちでテントに入ったのが11時頃。
聞こえるのは波の音だけ。
テントの中で読もうと持ってきた文庫本は、
2ページも進みませんでした。



今朝はみんな5時前に起床。
各自ご飯炊いたりカップ麺のお湯を沸かしたり。


ゆったりとイスに座って
昇る朝日を眺める。



こんな時間がずっと続けばいいな。
このキャンプで
しっかりと免疫力あげられました。
いや、
大量のアルコール摂取でプラマイゼロか。



秋になったら
またこの地でやろうということに。


8時過ぎには
もう一泊したいような後ろ髪引かれる思いで
大角の鼻を後にして帰路につきました。






晩ごはんが、オイシイ ヾ(^v^)k [144]

7月28日(木)晴  退院して340日 / 手術から422日 


一昨日の夕食  たこ飯、アジ塩焼き、みそ汁 など   + 偽ビール


昨 日の夕食    しめ鯖、だし巻き卵、タコとキュウリキムチ和え など  + 偽ビール


今 日の夕食    ざるそば、野菜天ぷら、枝豆とアジまぜごはん  など  偽ビール 



     以前の3倍近く時間かかり
  まだ食べにくくはあるけれど、
  それでも最近
  焦らずにゆっくり食べられる自宅での夕食が
  美味しくて楽しみのひとつとなっています。
  
  健康なときに、
  晩ご飯がこんなにうれしかったことあったかな。


    一昨日のたこ飯、
  そして今夜の枝豆とアジの混ぜご飯
  おかわりしましたよ \(^O^)/


  これでキリンラガーでもあれば最高です!



一時は生きることさえ諦めかけ、
胃ろう造設後は口から食べることを諦め、
手術後は食べ物の形態を選び固い物は無理だろうと医師から言われ、
そして失ったものも多く
絶望の淵にあった人間が、
なんと今、
固い物でもなんでも
オイシイと言いながら
にこやかにご飯を楽しんでますよ。



涙が出そうだわ。