tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

病理検査の結果 [34]

7月1日(水)入院62日  手術から30日


夕方、担当医H先生来室
「病理検査結果出ました。奥さんいつ来る?」
の問いに、一瞬凍りつく。


病理検査の結果は
手術から4週間くらいかかると聞いていたが、
そのことについては
今日まで敢えて考えないようにしていた。


いや、考えなかったのでなく、
毎日があまりにしんどくて
思う余裕がなかった
という方が正直なところか。


ただ頭の片隅には
常に抗癌剤と放射線による追加治療のことはあり、
それはもう既定のことなんだろうな
というあきらめと覚悟があった。


意を決して、
「どうでしたか」と聞いた。


一瞬の間が
こわかった。



あれだけの大きな腫瘍にも関わらず、
 予想に反してリンパ節転移なく
 切り取った舌の断端は陰性で切り取れています。
 術前のリンパ節腫大は、反応性のものであったようで、
 浸潤形態も術前の予想に反して、強くない状態でした


以上の理由から、
 今回の癌に対する治療は、
 切除のみで完了とし、
 evidence(根拠)のない追加治療は行いません



一度は
諦めかけた命。


うれしかったです。
本当に。
先生の説明を聞きながら
思わず涙がこぼれそうになりました。
目の前のH先生の姿が
ぼやけてました。


もちろん進行癌なので
この検査結果によって再発転移が絶対ない、
と保証されるもものではありません。


今後も厳重警戒が続きます。



ですが
これで体がしんどいのも
がまんできます。


きついリハビリも
よりがんばれます。



   今夜も
「アヴェマリア」を
 聞きながら寝ようかな。


先生方
ありがとうございました。  







石が(×_×) [33]

6月29日(月) 入院60日 手術から28日
 採血   腹部エコー検査           
・頭頸科     久しぶりに主治医M先生もいっしょに診察、洗浄。
・形成外科   若いT先生、右足診た後「きれいに治ってますねえ」
        に自分、うっそー! どう見てもひどいことになっとるのに。
              元に戻るのか、の質問に、
            「皮膚を取っているから戻らない。色は多少、皮膚に近づくかも」 
            ショック!! 
           でも、まええか、、、。
        命と引き替えと思えば。
・肝機能改善の注射始まる 毎日昼前


△エコー検査 例の器具を押し当てながら、「ここ痛くないですか?」
       と同じ箇所で同じ質問を繰り返すのが不安
△薬剤科訪問「肝機能の低下は、たぶんカロナール長期服用のせいだろう。
         カロナール止めて他の痛み止めにしましょう」
△リハビリ    午前 肩と背中のマッサージ
         午後   自転車以外にもいろんな運動が始まる。
              なかなかしんどいけど頑張る! 
              今までできなかった首後ろのマッサージ始まる。
△消化器外科 A先生来室   14:30
         お腹押しながら、
        「ここ痛くないですか?
          エコー検査の結果、胆石(1㎝)ありました。 
               痛みがなければ放っておいていいが、
                   痛んでショックを起こすことも。
          肝機能の数値悪いこととの関連も気になるが、
           とりあえず注射と投薬で様子を見ていきましょう」 
        
                    痛みなどの自覚症状はないのになあ、、、、。


  胆石も見つかるし、
  盛りだくさんな1日で、疲れ果てました(×_×)
           


6月30日(火)入院61日 手術から29日
・頭頸科   喉の傷の中「だんだん狭くなってきていていい感じです」
・歯 科   口内視診だけ「きれいです」
・リハビリ  午後の部の運動が、かなりしんどい! 
       棒やボール、ウエイトなどを使って8種類 約1時間
     「ここまでしてええのか?」などと思いながらも頑張った!!  


               単なる体力の回復だけでなく、
       呼吸力を強化し、
       唾液や食べ物を飲み込む嚥下力回復の運動や訓練もあり
       今後の生活の質の向上にもつながることなので、
       必死に、なりふりかまずやってます。
       


◎担当医H先生来室   17:00
 「胆石は 変なところへ入り込まない限り 
    今のところ手術はない。
    肝臓の数値悪いのは、                                                                      
    カロナール(痛み止め)長期服用のせいであって欲しい」 


  もう手術はこりごり
 どうか肝機能回復しますように (o_ _)o 
 胆石も、どうにかなりますように (_ _)

 
この日、
「東海道新幹線のぞみで焼身自殺」
  なんていう悲惨な事件がありました。
    巻き添えにあわれた女性の無念を思うと、
    言葉もありません。


 


新たな心配の種 [32]

6月25日(木) 入院56日  手術から24日
・頭頸科 8:30  H先生「喉のガーゼ昨日より汚れているが、口内はよさそう」
・歯 科  11:30   I先生、口の中見て「きれいですね」特に処置なし
・リハビリ   今日から午前と午後の2回、2階のリハビリ室へ自ら出向くが、
      とにかく肩と首がつらいので歩くのもたまらん。(>_<)
       11:15~  肩と背中マッサージ 
          15:00~  マッサージと自転車(負荷30㎏で10分) 
            自転車は、体力の回復と全身の血行をよくするため       



◎ 担当医H先生来室  16:30
「喉の汚れが落ち着いたら、新しい治療vac [バック]
(傷の回復を促進する装置 /  寝るときも常に装着)をやりましょう」 
 よう分からんが、
 24時間ずっと装着しておくだなんて
 なんだかめんどくさそうな治療だわ  >.<        
    
6月26日(金)  入院57日  手術から25日   
    採 血 
・頭頸科      8:30  喉の傷「すこしきれいに」  
・形成外科   9:00  右足の抜糸  やや痛 (>o<)
・リハビリ  自転車とマッサージの後、
       F先生から会話や嚥下訓練など、今後のリハビリ計画についての説明
◎担当医H先生来室  20:00  「喉の傷、今の治療継続していきましょう。 
         ストレスはたまると思うが、方向は間違っていないから」
           それと
         「 肝臓・胆嚢の値上がっている。来週エコー検査をしましょう」


6月27日(土)入院58日  手術から26日
・頭頸科 8:30     喉の傷洗浄 
         「肝胆の数値上がっているので、明日から毎日注射と薬処方します」



先週来悩みの顔やまぶたのひどい浮腫が、
一過性の症状だったのかこの頃になると
すっかりよくなる。(@^▽^@)


ほっぺとエラの腫れは
ほとんど変わらず。 (>_<)

りすさんのほっぺみたいでカワイイ、 訳ないか 


口周り、首、肩周辺の強ばりとつっぱり、そしてだるさ
マッサージ施術中はいいのだが、、、
まったく改善せず。
横になってもつらく、楽な姿勢がない。
顔も腕も、上に上がらず。(>_<)


手術時の喉の傷が治らない。
毎朝の診察で洗浄しています。
2回ほど切開もしたかな。
先生方もこの傷については苦労しているようです。(>_<)


週に3回行っている採血で、肝機能の数値に異常が。
とりあえず週明けにエコー検査。
もう今以上の余分な不安や悩みは
勘弁して欲しいな。(>_<)




      アヴェ・マリア100% 
シューベルトやバッハら7名の作曲家が
祈りや愛、希望を込めて手がけた「アヴェ・マリア」


この頃は、このCDばかりを毎日毎日流していました。


そういやぁ、
4月に正式な診断を聞くために
妻とがんセンターへ向かう車中でも、
このCDを聞いてたな。


   春の暖かい日差しの中を、ゆっくりと進む。
   高速を使わずにあえて下道を行く。
   「アヴェ・マリア」
   のオムニバス盤の音楽がゆったりと流れる。
   このときが永遠に続けばいいのに。

          [4月22日を回想するブログから]