tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

痩せてはならない! : 447

10月14日(土)曇 退院して784日 / 手術から866日


舌根部1/4のみを残し
ほぼ全摘に近い亜全摘である。


だが
お医者さんや周囲の予想を大いに裏切って
食べたり喋ったりしている。


そりゃ食べにくいし
本当の舌があった時ほど味を感じない。
そして
喋りは酔っ払いのようかもしれない。
でも食べる喜びを味わえているし会話もいっぱいしているのだ。



食べててむせたりなんぞ一度もないし、
術前に先生から「誤嚥して肺炎になることも、、、」
そんなことはまったくなくて、
どっかで食事してて私より咳き込む健康な人を周囲によく見かける。
食べるスピードだって、
今なら小学4年生の女の子になら勝てる自信があるほどだ。


初対面の人と話すような場面では、
「口の中を大きな手術をして上手く喋れないのですよ」
と前置きして
ほぼ困ることなく会話をしている。



そんな食事や会話に大いに関係しているのが、
再建舌のボリューム。


加齢によってその再建舌が痩せてしまったりすることはなく、
それよりも体重の増減が再建舌のボリュームを左右する。


だから痩せられない。
大きく体重を落とすと舌が痩せて
その分舌周辺に余分な空間ができてしまい、
発話するときに空気が漏れたり逆に溜めたりしにくくなる。


自分的にはもう少しボリュームがあった方が
話すだけでなく、
飲食にも好都合なような気がする。


だから今日も明日もあさっても、
一生懸命食べる。



私にとって食べることは、
Quality of Life
を上げること。


初めての ありがとう : 446

10月14日(土)曇一時雨 退院して783日 / 手術から865日


昭和最後の年
64年の11月に鬼籍に入った父。
享年67。


短気で恐いオヤジだったので
成人してからも面と向かって反発することはなかった。


決して良好な親子関係では無かったし、
反面教師としてしか見ていなかった。



そんな自分も歳を重ね
子を持ち育てていく中で、
反発の対象でしかなかったオヤジにも
少しずつ歩み寄り
理解できる部分が見えてくるようになってきた。



今だから
やっとわかるようにもなったよ。
あなたのそのわがままや短気が、
家族を思ってこその不器用な表現だったと言うことを。



今更遅いけど
初めて言うよ。


「いろいろありがとうな」


すまなかった、、、。



喉頭がんから肺へ転移。
苦しかったろうな。
つらかったろうな。


遺伝子のなせる技か
やっぱり似てるんだな。
反発してたその息子が、
短気な性格を引き継ぐだけでなく、
あんたと同じ口腔がんで危うく死ぬとこだったよ。




おふくろと仲良くやってるかい?



目のお医者さんへ : 445

10月11日(水)晴 退院して780日 / 手術から862日


今日は
目の診察日。


今年の5月に網膜に穴が開いているのが分かり
レーザーで焼いて穴を塞ぐ手術をうけた。
その後2ヶ月ごとの経過観察。


本日の
瞳孔を広げての眼底検査でも異常は無く
検査の間隔を3ヶ月に伸ばすことになった。


がんセンターのフォロー診が今月25日に控えており、
もう病院通いはこのセンターだけで十分。
新たな病気は勘弁して欲しい。



ここ数日続いている
汗ばむような暑さ。
だがそろそろ秋本番の冷え込みがやってくるらしい。



夜になると
近くの自治会館から、
秋祭の太鼓の音。
俄然力がこもり始めた。


来週
我がふるさとは秋祭り。