tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

楽しみでたまらんけど、、、 : 283

3月9日(木)晴  退院して564日 / 手術から646


すっごく
楽しみなことができた。


一か月後の4月8日、
押尾コータローさんのコンサートに行くのだ。
     15th Anniversary Tour
      “KTR × GTR”

地元での開催日に都合が合わず
わざわざ高知へ。


そしてコンサートの後は
夜の街へと繰り出すのだ。
高知の夜は魅力的だ。
料理はうまいし酒もまたよし。
ぜひともカツオの塩たたきを食べよう。


なにより、
理屈っぽくて強情だけれど、
遊び好き、酒好きの人間が圧倒的に多いのが愉快。



旅先でのお酒は、
よりいっそうの旅情をかき立ててくれる。
いわゆるひとつの至福。


ああ、たのしみたのしみ。
ああ、待ちきれない。



ただ
来週の月曜は、
退院してから17回目の診察日。
実は
口内に少し心配なところあって、
けっこう不安 デス (-_-メ)



新曲を弾く : 282

3月5日(日)晴曇  退院して560日 / 手術から642日


ぽかぽかと春のような陽気。
遠く山並みが
白く霞む。


  


午前中に
車を洗う。
外側が汚れているのはあまり気にならないが、
それでも黒色の車をふた月近く洗わないでいると
恥ずかしいくらい汚い。



夕方前から
本当に久しぶりに
ギターの新曲に取りかかる。
レミオロメンの「3月9日」。
しみじみといい曲だ。


      


「3月9日」が仕上がったら、
次の曲は既に決めてある。
ミスチルの「しるし」。


ソロギターを
一生の趣味としようと決めている。


ギターに興味を失うとか
病でギターを弾けなくなる、
なんてことは考えたくないが、
そんなことになるまでに
どんだけレパートリーをふやせるかな。


最近、演歌にも興味が出てきた。



2月中頃まで苦しんでいた右肩の痛みも、
ギターを弾くのに
まったく支障ないほどによくなった。


ヨカッタヨカッタヾ(^v^)k ♪♬




とりあえずヨカッタ : 281

3月3日(金)晴  退院して558日 / 手術から640日


昨日昼前に強風が吹いたかと思いきや
それからほどなくして
案の定、鼻水とくしゃみが止まらなくなった。


いやな季節が
またやってきた。




今春就職する大学生の息子から、
4月からの勤務地が決まったと連絡があった。


東京、大阪、広島とあといくつかの可能性があったが、
広島に決まったと。


やせ我慢をしてでも
ひとり息子の将来を束縛するつもりはないが、
しかし正直
ほっとした。



今は再発転移もなく過ごせているが、
まだまだゲンジュウケイカカンサツ中の身。
いつまたどうなるか分からない。


そのまさかの時のために
自分はどうでもいいが、
残される女房の
少しでも近くにいて欲しい



根っからの田舎者の悲しい性で、
東京はその距離だけでなく
気持ちの上ではさらに遠い。




とりあえず、
ヨカッタ。