tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

「花は咲く」 : 363

7月2日(日)   晴 退院して679日 / 手術から761日


午前中の早いうちに30度を越え、
午後からはたまらず昨日に続きエアコンを入れる。



終日家にこもりぼぉ~っとする。
ギター弾くのも気持ちが入らないし、読書にも集中できん。
することがないので
入院当時の日記をちらちらと読み返してみる。



2年前の7月2日の日記から
 ・朝の診察後、
  1ヶ月間いた診察室真ん前の重症患者用個室から
  有料4人部屋へ引っ越し。
  ほとんどを看護士さんにやってもらうが、
  首から肩にかけての尋常でない突っ張り感が改善しておらず
  しんどくてたまらん。
  疲れた。


 ・午後30分ほど面談室を借りて
  嚥下体操ならびにおしゃべりの自主練。
      おしゃべりは、
  まったく進歩しているようには思えず、
  気持ちがへこむ。


  ・夜6時から受付ホールで七夕祭り
   近所の園児らのかわいい歌や踊り、 
   新人看護士さんらによる出し物に心和む。
  

      


  中でも大学生の金管楽器での「花は咲く」の演奏に、
  自分にもまた花が咲くだろうかと思うと、
  目頭が熱くなった。
  何気なく隣の女性を見ると
  その方もこらえきれず目頭を押さえていた。



日記を読み返すにつけても、
よくもまあ、
無事にここまで回復したものだと
我ながら感心する。


ああ、ありがたや。


    

                                                七夕祭り後、7階の通路からの綺麗な夕焼け
                                                              今でもこの夕景は忘れられない。



3度目の夏 : 362

7月1日(土)   曇後晴 退院して678日 / 手術から760日


朝っぱらから蒸し暑い。
気温は昼過ぎに31度に達した。


              


今日で、2度目の手術から2年と1ヶ月。
これまで1日1日が無事に過ぎゆくことを、
祈りにも近い気持ちをもって重ねてきた。


がん罹患者にとっては、
月日の経過はすごく重大なことがら。
いちおう寛解とされる5年=1,825日経過するその日までずっと、
一日千秋の思いで
日々を過ごすことになるのだろうな。


 


「入院とそれに続く日々の記録」
と題したパソコンでの闘病記および日記も、
A4サイズで優に200枚を超えた。


とりあえず次の大きな目標は2年と半年。



手術から3回目の、
大好きな夏を
無事迎えようとしている。



Cancer diet : 361

6月30日(金)   雨晴 退院して677日 / 手術から759日


朝方まで降った雨が止み
昼過ぎから晴れたものだから、
労働意欲が失われそうなくらい蒸し暑くなる。


まあ、勤労意欲に乏しいのはもともとか、、、 m(_ _)m




体重がふえない。
がんが悪さをし始める前の最重量時は82キロあったのが、
2年前の手術前後には、
61キロ台にまで落ちた。


でその後少しずつ回復してきて、今は68キロ弱。


周りの人間は今がちょうどいいと言ってくれるが、
自分としては72キロくらいがベストかなと思っている。


でも、68キロの壁を越えられない。


仕方ないわなあ。
食べるのに時間がかかるから
その結果、満腹中枢が刺激されて量がはいらない。


お酒もまだ週に2日しか飲んでないし。



もうよっぽどのことが無い限り、
太ることはないのかもしれない。



これこそが
Cancer gift ならぬ
Cancer diet !


洒落にもならへんわ (>_<。)