tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

山に向かいて : 334

5月27日(土)   晴  退院して643日 / 手術から725日


久しぶりに
病気の不安からくるストレスを感じずに過ごせられる休日。


南に向く縁側に座り、
ゆったりとした気持ちで山の緑と空を眺める。


啄木の歌に
  ふるさとの山に向かひて
  言ふことなし
  ふるさとの山はありがたきかな

というのがある。
その通りだ。



                               


       


  


        



2年前の今頃は、
手術が終わりICUの中。
息苦しさと悪夢にうなされていた。



ああ、
それにしても
健康であることのありがたさよ。


不平不満は言うまい、


とは思うのだが、、、、。



支えられて : 333

5月26日(金)   晴  退院して642日 / 手術から724日


水曜日にPET-CTを受け、
無事再発転移の疑いが晴れたことをブログにアップして後、
いや、正確にはPET-CTを受けなければならないと決まった先週以来、
何人かの方から
ありがたいコメントを頂いた。


会ったこともない私のような者のために、
心を痛め、そして励ましてくださる。
そして検査結果に異常が無かったと知ると、
我がことのように喜んでくださる。


大病を得てこそのつながり。
がんという悲しい病が、
見知らぬ人と人を結びつける。


これこそが
Cancer gift.




2年前の今は、
ちょうど20時間にも及ぶの手術の真っ最中。




多くの方に励まされ、
そして支えられ、
間もなく術後2年。


こんなに元気になりましたよ。


ありがとうございます。




2年前の今日は : 332

5月25日(木)   晴  退院して641日 / 手術から723日


2年前の今日は
手術の前の日。


たいした恐怖感や緊張感を感じることもなく、
手術すれば
現状の苦しみから少しは逃れることができるだろうという
期待感の方が大きかった。


その頃は
もう1日中痛み止めに頼った生活だったな。
食事はおろか喋ることもつらかった。


舌のほとんどを失うことで、
まともに話せなくなることや
食べることにも障害が残るであろうという不安と悲しみはあったが、
もうただただ
主治医M先生の
命をつなぐために、
「まだ打つ手はある」
のひと言に望みを託すほかなかった。



そういえば、
消灯前に病室で
最後の「まともな声」を
スマートフォンのボイスメモで録音したこともまだ記憶に新しい。



  「ありがとう
          サヨウナラ
                 がんばるぞ」