tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

見上げれば、、、: 213

11月10日(木)曇時々晴  退院して445日 / 手術から527日


4日後の月曜に
退院して2回目のPET-CT。


術後1年半前後の、
今が最も dangerous zone か。


口の中は不安がないが
軽い咳、右肩の痛み、股関節の痛ダルさが続いている。


今回は今までにないくらい不安。
逆に幸いなんともなければ、
ひとつ大きな峠を越えられるような気が自分の中でしている。


どうも寒くなるといけない。
悪いことをついつい考えてしまう。


まあ、考えても仕方ないな。
なるようにしかならないのだから、
と今まで何百回も繰り返してきた思いが今夜も頭の中を巡る。


でも今夜はもういい。
楽しいことかんがえよっと (*゜∀゜*)


 
 うつむけばため息
 見上げれば澄み切った青空


まだ火曜日( 。-_-。) : 212

11月8日(火)曇雨  退院して443日 / 手術から525日


StageⅣの進行癌になり
一時は生きることさえ諦めかけ、
そして2度の大きな手術受けて
生きるか死ぬかの体験もした。


その結果、
命と引き替えに
まともに喋ることと食べることに支障を来すようになった。


4ヶ月の入院とその後7ヶ月の自宅での休職期間を経て
職場復帰を果たすことができた。


その間社会復帰したい一念で
自分なりにリハビリを頑張った。
そして
お医者さんと周囲が、
更に自分自身でさえびっくりの職場復帰。
やっとやっとの現場復帰。



だけど4月の復帰から約7ヶ月。
毎日がしんどい。 
心が。
まだ十分に喋れないことでのストレスが、
ボディーブローのように効いてくる。


夢にまで見た職場復帰だったのに、、、、。


退職まであと数年か。
元気でいられたとしても、気持ちがそこまでもつかな。


過去のちっぽけな栄光?にすがっているうちは
しんどいのかなあ。
下手なプライドが、
素直に感謝することを邪魔する。



元気で生きていられることの幸せの前では、
仕事のストレスなど小さなことなのに。


ふんばらないとな。


ああ、
でもまだ火曜日、、、( 。-_-。)
はやくこいこい金曜の夕方。







Blue Sunday afternoon : 211

11月6日(日)曇  退院して441日 / 手術から523日


陽が差したのは朝方の早いうちだけで
一日中ずっと曇って風が吹いている。
揺らぐ木々の葉っぱを見るにつけてもうすら淋しい。



昔から思っていたことだけれど、
日曜の特に午後からは
ぜひとも晴れていて欲しい。
そうでないと悲しくなってしまう。


サザエさんシンドロームという言葉があるが
これはなにも子どもだけに当てはまることではなく、
おじさん、あばさんになってもそうなのだ。


日曜の昼過ぎから夕方6時くらいまでは、
永遠に悲しい時間帯だ。
それだからこそ
せめて晴れていて欲しいと切に願う。



そんな憂鬱な日曜の夜は
酒飲むに限る。
ほろ酔い気分で多少でも前向きになれるから。
適度な飲酒はNK細胞活性にも役立つし(^Д^)


と、ここまで考えて気づいた。
ああ、今日は禁酒日 ( 。-_-。)
水曜日に外飲みで鯨飲したつけが、、、、。


残念(×_×)