tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

がびちょ~んっ! : 358

6月26日(月)   曇一時雨 退院して673日 / 手術から755日


着替えの際に鏡の前に立ち、
「私が恐れていた姿に近い身体が写っていて、
 一瞬衝撃を受けたあと、
 泣いてしまいました」

でも
涙を流していてもどうしようもないことに気づき、


安らかな表情で豆乳ココアを飲む麻央さん。



弱音吐いても
やっぱり笑顔、


写真は
すべて笑顔。


言葉は
常に前向きで、
周囲への気遣いを忘れない。



そんな麻央さん、
検査結果が悪く気分が落ち込んだきに、
ためしに
「がびちょ~んっ!」と言ってみる。


「気持ちが明るくなった」
「有り難い言葉だ」


だって、、、、。


涙が出るよ。



私もこれから、
つらくて気持ちが滅入ったときは、
真似して
「がびちょ~んっ!」
って言ってみる。



みんな頑張れ : 383


7月26日(水) 雨後曇 退院して703日 / 手術から785日


今日我が愚ブログに、
31日に舌がんの手術を受けられるという
ある女性から初めてコメントをいただいた。


ー中略=
 (自分が舌がんだとわかってから)
 パソコンにもさわれませんでした。
 でも、3日前からブログを検索し、
 皆さんがブログから元気をもらって本当に良かったと最初の文をみて
 私もブログをみることができました。
 それからは一日に何度も読み返しています^^
 本当に勇気をいただきました。
 ありがとうございます。
 奥様、心配ですね・・
 でもきっとよくなると信じて
 信じて、がんばりましょう



ブログを続けていて、
よかったと思う。


自分が他の方のブログから元気をいただいたように、
我がブログも同じように
他の苦しんでいる誰かに少しでも勇気と元気を与えられたのだとしたら、
こんなにうれしく励みになることはない。


そしてその方が
女房に対して気遣いと励ましの言葉をくださる。



落ち込んでなどいてはいられない。
この方も、
そして妻も、
よくなるために手術を受けるのだ。


顔上げて
よくなることだけを思って
顔晴ろう。

「なりたい自分」 : 357

6月25日(日)   雨曇 退院して672日 / 手術から754日


やっと本格的な梅雨らしくなってきた。
雨は朝方にほとんど上がったが、
1日中湿度が高くてギターの鳴りが今ひとつだ。
まあ、音が悪いのは湿気のせいだけではないけれど(×_×)




小林麻央さんの死が、
そして彼女が命をかけて残した魂の言葉が、
脳裏から離れない。



麻央さんは一番最初の
「なりたい自分になる」と題したブログで、
「私は力強く人生を歩んだ女性でありたいから
   子供たちにとって強い母でありたいから
   ブログという手段で
   陰に隠れているそんな自分とお別れしようと決めました」


と、それまで病気の影に隠れようとして
心や生活をさらに
小さく狭いものにしていた自分と決別するために、
ブログを始めた、と告白している。


加えて、
「でも、一度きりの人生なので、
    なりたい自分になろうと
    決意できたことは
    うれしいです」
と結んでいる。




麻央さんの死をきっかけに、
自身がブログを書き続けていることの意味を
自問している。
始めた頃の
初心はどうだったか?


さらには
「なりたい自分」とは、、、、?



麻央さんの
生き様と
そしてその逝き様は、
私に多くを問いかけ続ける。