tongue twister のブログ

2015年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

祈るということ : 1045

3月17日(金)雨 退院して2784日 / 手術から2866日


「祈る」ということについて、
もうひと月半も前に平戸や天草周辺の教会を巡り、
地元の人たちの飾ることのない素朴で敬虔な祈りの姿に接し、
加えて彼の地における壮絶な迫害の歴史にも触れ、
それ以来、あてどのない自問自答を繰り返している。


自他の幸福や安寧を願うこと。
そして神や仏といった人知の及ばないものと自身の中で繋がり、
精神の平安を獲得しそれを心の拠り所とすること。
祈るとは、言葉にすればそういうことなんだろう。


だが、今のところ神にも仏にも素直にすがれないでいる自分は、
いったい何を頼みとし、そして何を祈ればよいのだろう。
ただ自身や家族の健康と平穏な日々か?
それとも世界の平和か。
けれどそれは祈りと呼ぶには、余りにも軽薄できれいごと過ぎる。



人生も終盤戦故か、
残りの日々の有り様を模索し、
精神的な支柱を求めようとするこれまでにない自分がいる。


信じ頼るべき拠り所はどこに。
そして祈るとは、、、。


「信ずる者は救われる」 
「鰯の頭も信心から」
そんな軽薄なことばでは済ますことのできないものを。


   

×

非ログインユーザーとして返信する