tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

なつかしの校則違反 : 681

8月7日(火)晴  退院して1081日 / 手術から1163日


ふと思いついて
昔弾いていた曲を弾いてみる。


当然うろ覚えなので
適当に弾いたり楽譜見たりだからスムーズには弾けない。
けど、懐かしいね。


特に
“太陽がいっぱい”


この映画を初めて観たのは坊主頭の中学生の時だった。
邦楽より洋楽、邦画より洋画。
ちょうど洋モノにかぶれ始めた頃だ。



アランドロンの出世作。
『禁じられた遊び』でも知られるルネ・クレマン監督。
あ、確かアランドロン、少し前に引退宣言したのだったか。


映画も面白かったが、
それよりもその美しくも哀調を帯びた音楽が頭から離れなかった。


ついでに “禁じられた遊び“ も弾いてみたが、
この曲、正式に弾こうとするとなかなか難しい。



ギター弾きながら
数十年も前の当時のことが断片的に思い出される。


観ることを学校で禁止されていた
“エマニエル婦人”
帽子を目深にかぶり隠れるようにして映画館に駆け込んだことも
今となっては懐かしい。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。