tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

染み入る3拍子 : 711

9月15日(土)晴後曇  退院して1121日 / 手術から1203日


ここ最近、
「ふるさと」ばかり弾いている。
もうこれしか弾いていない。
ほかの曲を忘れてしまいそうだ。


だが、
「弾ける」ということと「聴かせられる」というのとでは、
まったく別の次元の問題だ。
そういう意味では、
残念ながらまだまだ弾き足りていない。


      


この曲に関する逸話で、
日本語も曲も知らないアラスカ先住民が
現地で活動していた日本人写真家の追悼行事で初めて『故郷』を聴いて、
涙を流したというのだ。
賛美歌ゆずりとも言われるゆったりした3拍子の美しい旋律は、
国境を越えて人々の心に染み入ったということだな。


  
  こころざしをはたして
  いつの日にか帰らん
  山はあおき故郷
  水は清き故郷 


志は一生果たすことなく終わりそうだが、
せめて人の心に多少なりとも響くような演奏をしたいもんだな。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。