tongue twister のブログ

2015年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

がんセンターへ : 8

2015年4月15日


がんセンター初受診。
午後2時からの予約だったが、1日年休をもらい仕事は休む。


自宅からほぼ50キロ。
下道を行くこと約1時間15分。
地元の総合病院を受診してからちょうど1週間が経過し、
その間に桜はほぼ散り終わり、道中の葉桜を見るにつけてももの悲しく、
気持ちが深く落ち込む。


市内の病院での「舌に悪いモノができている」という診断に、
納得し、仕方ないなと案外じたばたせずに受け入れられていたはずなのに、
それでも気分の浮き沈みはあって、
情緒が安定しない。


道中、車の中でずっと聞いていたのは 
“グレゴリオ聖歌”
これから生き死にの場面に直面しようかという人間にとっては、
うってつけの音楽?
でも他の人にはお勧めしない。
ますます気分が潜行すること間違いないですから


1時半前にがんセンター到着。
受付を済ませ、頭頸科の診察室の前で待つ。
すでに10人ほどの患者さんがおり、さすがにどなたも暗く沈痛な面持ちで、
さすががんセンターだな、などと変なところで感心していた。


ちなみに、「トウケイ科」などという診療科があることは、
自分ががんセンターに来ることになって、初めて知った。


予定の2時を30分ほど過ぎた頃、
呼び出しのブザーが突然鳴った時には、びっくりたまげて腰を浮かしてしまった。
最近の大きな病院はどこもあんなポケベルみたいなのを使うのかな。


「さあ、いよいよだ」と意を決して診察室へ入ると、
40後半くらいのスマートでいかにも上品そうななM先生と
もう1人その後ろに女の先生が控えていた。



いくつかの問診と口内を視診した後、 
・頸部触診 ・鼻からのファイバースコープ ・頸部エコー検査 ・組織採取
と診察は次々と手際よく流れていった。


最後の組織採取は、はさみかメスで切り取るのかな、などど少し緊張したが、
始めに大きめの氷を口に含んで5分ほど患部に当て、
感覚を麻痺させてからピンセットのような器具で一気にむしり取る、
といった感じで、一瞬で終わらせていただいたのでそう痛みは感じなかった。


一連の診察の後、M先生から
「腫瘍、舌癌ですね」との診断を受ける。
伝える方も聞く方も余計なことは言わず、淡々とした中でのやりとりが流れた。
「やっぱりな」
というのが最初に来て
「仕方ないな」とも。


その翌日には、
・尿検査・血液検査・頸部MRI 等の検査が次々と続くことになるのだが、
そのあまりのスピード感に驚きつつも、いろいろと考える暇がなくて却ってよかった。
あとになって思ったのだが、
自分の舌がそれだけ切迫した状態だったのだな。


翌日の検査をすべて終えてM先生から、
1週間後の22日に家族の人と来るように言われる。


すべて終了して会計を済ませると6時近くで、
心身共に深く、くたくたになっていた。



これから帰宅して、
病院での検査や診察よりも、もっと大変な気の重い仕事が待っている。
女房に、
今日の診察の結果を伝えないといけないのだ。
ただ、「申し訳ないな」という思いしかなかった。


 

×

非ログインユーザーとして返信する