tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

今のままでは、、、 : 635

6月14日(木)曇 退院して1027日 / 手術から1109日


花曇り。
時折雲間から弱い日が差す。


梅雨から夏にかけての雨は好きだ。
だからどうせなら梅雨らしく降ればいいのに。


  


同じ次期に舌がんを罹患し
そして同じ頃に手術をうけた人のブログが、
1年ほどずっと更新されないままだった。


最悪のことが何度も脳裏をかすめた。
一方的だが
勝手に戦友のつもりでいただけに、
ずっと気になっていた。



それが
先週突然更新されたのだ。


タイトルは書かれた内容を予想させるものではなかった。
内容を読む前に少しためらい、
少しドキドキした。


で思い切って読み始めたその内容は、、、
病気のことはこれっぽっちも書かれてなくて、
遊びに関することを短く。



1年間の不安と心配はなんだったのか、、、。


ま、とにかく元気でよかったわ。


            


ブログを通して、
舌がんと必死に戦ってこられた方の訃報を
幾度か目にしてきた。
そのたびに
暗澹たる思いで胸が押しつぶされるような悲しみを覚えた。


人ごとではなかったから。


信じられないが、
最後の最後まで前向きに
そして周囲へのいたわりと感謝を忘れずに逝った人もいた。




どう死ぬかは
どう生きてきたかに依る。


だとすれば、
現在の自分に当てはめてみると
情けないがまったくだめだな。


そもそも、
どういう死を迎えたいのかということさえ
こわくて考えようとしないのだから。



1年ぶりの気まぐれともいえるブログのおかげで、
ついつい
あれやこれやと考えさせられることになっちまった。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。