tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

29回目の : 731

10月16日(火)曇時々晴  退院して1152日 / 手術から1234日


秋祭りが始まった。
街にも人の表情にも
浮き立った華やいだ空気感が漂っている。


  


老若男女、今日から3日間、
祭りの非日常世界を味わうのだ。




毎年キンモクセイが薫り始め祭りが近づくと、
若くして逝った友人のことを思わずにはいられない。
ねじりはちまきして法被に身を包み、
嬉々としてはしゃぐ姿が今でも目に浮かぶ。
祭りバカだった。


なあ、
また祭りがやってきたよ。
いなくなって29回目の祭りだ。
早いもんだなあ。
           

Forty five years ago : 730

10月14日(日)晴曇  退院して1150日 / 手術から1232日


久しぶりに2階の自室でごぞごぞしていたら、
ふと目にしたあるモノのおかげで
記憶がいっきに45年前にさかのぼった。


      


ヤシカ エレクトロ35GS


ああ、
なんとなつかしい響きだ。



親父に何度も何度も頼み込んでようやく買ってもらったカメラ。
45年前のことだ。


下手なりにいまだに写真を趣味としているが、
すべてはこのカメラから始まったのだ。


匂いをかいでみる。
おお、なんてことだ。
少しかびくさいが買った当時と同じ匂いが微かにする。


次にレンジファインダーを覗く。
曇ったレンズの向こうに
当時の家族や友人らの顔がぼやけて見えそうだよ。



45年前、、、。


思えば遠くへきたもんだ、と。


                               


いてもたっても : 729

10月13日(土)晴  退院して1149日 / 手術から1231日


ドン デン ドン    ドン デン ドン


オラが市の秋祭りまであと3日となり、
暗くなると近くの自治会館から聞こえる太鼓を練習する音にも
いやがうえにも力がこもってきた。


秋本番、
日が落ちるとさすがに寒くて窓を閉めきる。
上に着るものも1枚増えた。


        


 
先週の日曜に
この歳になって初めてソロキャンプに出かけた。
自宅から 30キロほどの海岸。
松の木々の間にテントを張る。


    


ただ酒をくらいながら
焚き火の炎を見つめる。
人っ子一人いない。
見上げれば満天の星空だが、焚火の明かりが邪魔だ。


流しっぱなしのラジオのどこともしれぬ局で、
ちょうど中島みゆきの特集。


  行き先を照らすのは 
  まだ咲かぬ見果てぬ夢
    遙か後ろを照らすのは
    あどけない夢
      ヘッドライト テールライト 旅はまだ終わらない


  


ああ、たまらない。
そしてワシもまだまだ終われんなあ。



それ以来またキャンプへ行きたくて行きたくて、
居ても立ってもいられない。