tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

遠雷 : 685

8月13日(月)晴曇  退院して1087日 / 手術から1169日


お盆。
見慣れない県外ナンバーの車が時折通り過ぎる。
行き交う人の様子もどこかいつもと違って見える。
盆と暮れ。
年に二度、田舎が少しだけ華やぐ数日間だ。



昼過ぎから遠雷がにぎやかだが、
冷たいものはなかなか落ちてこない。
風が木立を揺らし始めた。
山はすっかり雨雲の中だ。


 


臆病者のプーが、
まん丸な目をして
体を震わせながら口でハアハア荒い息をしている。


雷鳴を怖がるのは
その中に受け継がれている野生の本能か。


     


ああついに、
パラパラと雨脚が屋根をたたき始めた。
風も強まり山桃の葉が大きく揺れている。


と見ていたら
今度は日が差してきたよ。
それでも遠雷はおさまらない。


異常気象そのままだな。



ま、とにかくお盆。
我が家に仏壇はない。
とりあえず今夜は迎え火ならぬ迎え酒で。




祈る : 684

8月10日(金)曇時々晴  退院して1084日 / 手術から1166日


ああ、やっとやっとのお盆休みだ。


これからの1週間ほどをどう有意義に過ごそうか。
あーすりゃよかった、こうもすればよかったと、
毎年毎年、終わってから後悔ばかり。
その辺の状況は、
小中学生の頃とまったく変わっちゃいないのが情けない。


ギターを少しまじめに練習し、出来たら新曲にも挑戦してみたい。
近場でいいので、ちょっと観光みたいなこともしてみたい。
録り溜めた『孤独のグルメ』と『探偵ナイトスクープ』をのんびりと見たい。
たまった本もまとめて読みたい。
であと、
後悔のないようにしっかりとお酒を飲んでおきたい m(__)m



中学生の頃、
夏休みの終わりによく祈りにも似た気持ちで思ったものだ。
もし神様がもう一度ちゃんと夏休みをやり直せと言われるのなら、
必ずきっちりとやり直して見せるのに。
だからもう一度夏休みの始めに時を戻しておくんなまし、と。


それから数十年の年月が流れ、
相も変わらずいい歳こいたおっさんが、
毎年その間抜けな中学生と同じことを神様に祈っているよ。






いちばん回復したのは : 683

8月9日(木)曇  退院して1083日 / 手術から1165日


久しぶりの朝から曇り空。
暑さも一段落だ。
過ぎゆく夏を惜しむかのように
大量の蝉の声が絶え間なく耳に突き刺さるようだった。


芭蕉は蝉の声を、
「岩にしみいる」と心静かに詠んだが、
「耳に突き刺さる」と嘆く自分とはえらい違いだ。




ここ数日、
ちょっと熱心にギターを弾いている。
『M』と唱歌の『ふるさと』の2曲。


どれだけ練習したら、
自身の演奏にうっとりできるようになるのだろう。
そんなことは一生無理なのかもしれない。
ハラハラしながら弾いているようではなあ、、、。


そんなとんでもない高みを目指す前に、
まずはノーミスで演奏できるようにしないと。



お喋りと食のリハビリは少しずつ進んだが、
ギターのリハビリが
なかなか進まない。


中でもいちばん回復したのは、、、
やっぱり
気持ちかな。