tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

哀 れ : 407

8月22日(火) 晴時々曇  退院して730日 / 手術から812日


夕食に頼んでいる宅食は
来週月曜から。


近くのスーパーで
こんなのも買ってきた。


  

      今度の土曜のお昼ご飯? 「尾道」の名についつい



     

            明日の晩ご飯? 道場六三郎の名に惹かれた


 

     来週からの宅食のおともに みそ汁くらい自分で、とも思ったが





プーが、
いなくなった女房を待って
「ウぅーウぅー」鳴きながら
窓際から離れない。



ああ、
哀れな奴よ。


ひとり静かに、、、 : 406

8月21日(月) 花曇り にわか雨 退院して729日 / 手術から811日


今日女房が入院した。
これから1ヶ月くらいか、、、。


本人も
プーも
そしてついでに私も
忍の一字の日々が続く。



で、
鬼の居ぬ間に
こんなのを飲んでいる。
もらいもの。


       


ベロのほとんどを失った者にとっては、
日本酒の味がいちばんわかりやすい。



秋の気配微かに漂う夜風を感じながら呑む。
ああ、旨い。
しみじみ旨い。
命の水だ。


      白玉の歯にしみとほる秋の夜の
          酒は静かに飲むべかりけり


なんていう若山牧水の歌なども脳裏に浮かぶ。



とかなんとか言いながら、
実はアルコールさえ入っていりゃ
バーボンだろうが焼酎だろうが、
なんでも嬉しいんだけどね。

  





サザエさんを欲するとき : 405

8月20日(日) 晴時々曇 退院して728日 / 手術から810日


無性にサザエさんが見たくて
今日は最初からエンディングの歌までしっかりと見た。


こんなに歳を重ねていても、
そういう時ってたまにある。


磯野家の
あのあふれる平凡な日常と幸福感を
無性に感じたくなるときが。


きっと
不安やストレスで、
精神が疲労気味の時が
そうなんだろうと思う。



明日
女房が24日の手術に向けて
県内の大学の付属病院に入院する。


本人もつらいだろうが、
プーにも悲しい思いをさせてしまうなあ、、、。




2年前の女房からの借りを、
今回は
私がきっちり返す番だ。