tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

店を予約するということ : 529

1月15日(月)   晴時々曇 退院して877日 / 手術から959日


先日、
3月中旬に予定している職場のちょっと豪華な酒宴の席の予約を
この自分が取った。


そりゃ、根っからの酒好きだからいろんな店を知っている。
そして店探しは独自の嗅覚が働いて昔から得意で
よく任されてもいた。


まあ、そんな過去の栄光?はさておいて
何が言いたいのかというと、
この舌ほぼ全摘の人間が、
不自由な喋りながらも自ら電話してお店の予約をしたということだ。



術後2年と7ヶ月。
電話をかけるという健常者にとってはごく普通のことが
ようやく大きなストレスなくできるようになってきた。


術後半年位までは
電話をするなんてことは到底考えられなかった。
それどころか電話のベルが鳴ると、
ビクッとして耳を塞いでいたくらいだ。


そういやあ、
宅配便や来客があっても
居留守を使うようなつらい日々もありました、、、。



遅々たるものであるけれど、
おしゃべりと心の回復が
目に見えぬ速度で進んでいるのだと、
実感できた日。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。