tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

手術決定 そして胃ろうがのいた!! [136]

7月4日(月)晴   退院して316日 / 手術から398日目                                                 
今日は、
形成外科、頭頸科、消化器外科の診察日。
お仕事は休ませてもらいました。

   


8:45出発・10:05着。


 受付に、入院中に頭頸科でお世話になった
とても感じのよい看護師さんを見つけ近寄ってあいさつ。
自分が職場復帰したことも知っており、
今日胃ろうがのくことなどを伝えると、
本当に喜んでくれて気持ちがほんわかしました。


形成外科10:30の予約だったが30分以上の遅れ。
喉のケロイド化した手術痕を手術できれいにすることに。
メスの入れ方などの説明あり、
8月5日、金曜の午前入院、午後手術で決まり。
家も遠いし通うのも大変だから、
抜糸までは入院した方がいいでしょうとのこと。
もう少々の手術、なんともありません!


頭頸科で10分ほど待っていると、
消化器外科の方がすぐにできるというので先にそちらへ。
診察台に横たわり、麻酔も何もなく「抜きますよ-」ののち1秒弱で終了。
かなり痛かったが予想より楽でよかった。
出血しているが縫うこともせず大きなガーゼを貼って終了。
今日はお風呂とお酒は控えてくださいとのこと。

  汚い写真ですが記念に

 汚いついでに、胃ろう抜去後


頭頸科は視診、鼻からのスコープ、エコー。
「すごく調子いいですね」
「胃ろうを取ったのですね」に「はい、うれしいです」と答えると
「ひとつひとつです」
「で、痛かったですか?」とH先生。
「はい、目が覚めました」と言うとH先生と2人の看護師さんも声を上げて笑う。


その後手術に備えて感染症チェックのための採血。


会計と入院手続きを終えて病院を出たのは13時近くで、
帰宅は14時。 
本日の会計円 5、750円



のどの永久気管口が閉じ、
今日は胃ろうも。
うれしいことに、次々と穴が塞がります。


     


今日はひときわ暑かった。
地元はは35度まで気温が上がったらしい。

                                夏本番です


昨年は、建物の内側から
夏の暑さを想像するしかできませんでした。


汗が噴き出て気持ち悪くても、
今年は夏の暑さを全身で感じたいです。     


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。