tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

ステレオタイプ : 669

7月23日(月)晴  退院して1066日 / 手術から1148日


夕刻、
西の空よりも、その反対側の東の空がきれいに染まるときがある。
地球影(ちきゅうえい)といって西側も焼けるのだ。


     


                

       


見慣れた西の空の夕焼けよりも
東の地球影の方が、やさしく穏やかな表情を見せることが多いが、
今日はけっこう派手に焼けたようだ。



固定観念に囚われて同じ方向しか見れないでいると、
こんな美しいものまでも見落としてしまうことになるという、
人生にも通じる教訓だな。


関係ないが、
「固定観念」は英語で stereotype  (ステレオタイプ) だったか。
いや、fixed idea と言った方が上手いのかな。
 1日15個の単語を覚えることを自ら課して、
必死で勉強していたあの日々も今は遠い昔。


   I don't want to be caught up in a stereotype.




もうええのです、そんなこたぁ : 668

7月22日(日)晴  退院して1065日 / 手術から1147日
                      

                          


  


ベロをチョッキンしてできなくなったこと。



口笛を吹くこと。


舌打ちすること。


あっかんべー。


そしてもうひとつ。
スイカのタネをうまく吹き出すこと。



でももうそんなことは
まったくどうでもええのです。


生きとりますけん。



お船にゆられて
どっか遠くへ行きたいな。


まだこんなはずじゃ、、、: 667

7月20日(金)晴  退院して1063日 / 手術から1145日


若いときは
常に何かを探していたり、
普通であることに疑問を抱いたりしていた。


そして
「ここでないどこか」
を常に求めていた。


だが
世の中に揉まれ
ある程度の歳になると、
そんな場所などはどこにもないことを
ふとある時知るのだ。



甘っちょろい言葉でいうと
『自分探し』
みたいなことなのか・・・。


でもねえ、人生の先が見えてきたこんな歳になっても、
まだ甘っちょろい自分がいる。
「こんなはずじゃない」と。


いったい何がどういう風になればいいのか
それはよくわからないけれど、
未だに人生に妥協しきれない未練があるのは確か。



昔、といっても15年位前?に読んで
すっかりその世界観の虜になってしまった写真家、小林紀晴さんの
『 ASIAN JAPANESE―アジアン・ジャパニーズ』
という本を久しぶりに読んだら、
そんなこんなの若僧みたいなことを思ったりしたのさ。