tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

呪縛 : 360

6月29日(木)   曇 退院して676日 / 手術から758日


連日、蒸し暑くなってきた。
紫陽花が色づく梅雨の雨は好きだけれど、
この蒸し暑いのは嫌。



あと2日で
術後2年と1ヶ月。


2年過ぎたから、
厳重経過観察から
少しは緩い観察になるのかな。


再発転移無く過ごせてこれたけれども、
常に心の隅っこに
「ゲンジュウ・ケイカ・カンサツ」
なるものがあり、
その呪縛に苦しめられてきた。



次回7月中旬の診察で、
担当医H先生に聞いてみよう。


2年過ぎたので、
「厳重」はもう
はずしてもよいですか、と。

のびしろ : 359

6月27日(火)   曇一時雨 退院して674日 / 手術から756日


麻央さん
10月5日のブログから


 私なりに、
 病気になって学ぶこともありました。


 でも、
 病気にならなくてもそれが学べていたら、
 もっとよかったな
 とも、思いました。


 私が気づくべきこと、
 まだまだまだまだ気付けていないことが
 たくさんあるような気がします。


 体が思うように動かなくなったら
 こんなに心が動き出すって
 なんだか不思議です。



自分もこの病気のせいで
普通に話せなくなり、
そして
まだ食べることも心から楽しめないなど、
思うようにならず歯がゆく思うことも多い。


けれど
そのぶんいろんなことを思考するようになり、
心が働くようになった、
と思っている。


麻央さんといっしょだ。


体にハンデを背負ったぶん、
それをカバーしようとして
精神が成長しようとするのか。



この歳で
心に
のびしろがあったとするならば、
それはまったく
大病のおかげとしかいいようがない。



がびちょ~んっ! : 358

6月26日(月)   曇一時雨 退院して673日 / 手術から755日


着替えの際に鏡の前に立ち、
「私が恐れていた姿に近い身体が写っていて、
 一瞬衝撃を受けたあと、
 泣いてしまいました」

でも
涙を流していてもどうしようもないことに気づき、


安らかな表情で豆乳ココアを飲む麻央さん。



弱音吐いても
やっぱり笑顔、


写真は
すべて笑顔。


言葉は
常に前向きで、
周囲への気遣いを忘れない。



そんな麻央さん、
検査結果が悪く気分が落ち込んだきに、
ためしに
「がびちょ~んっ!」と言ってみる。


「気持ちが明るくなった」
「有り難い言葉だ」


だって、、、、。


涙が出るよ。



私もこれから、
つらくて気持ちが滅入ったときは、
真似して
「がびちょ~んっ!」
って言ってみる。