tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

おもしろうてやがて、、、 : 532

1月18日(木)   曇 退院して880日 / 手術から962日


BSで「寺内貫太郎一家」が放映されているの知り
そのあまりのなつかしさに腰を据えてじっくりと見た。
その昔
大好きで欠かさず見たもんだ。



古きよき時代のカミナリ親父を中心とする一家や、
彼らを取り巻く隣人たちとのふれあいを描いたホームコメディだ。


お決まりの会話が飛び交うユーモアたっぷりの食事シーンや、
貫太郎と長男(西城秀樹)との大喧嘩、
婆さん(悠木千帆)が沢田研二のポスターを見て身悶えしながら
「ジュ〜リ〜」なんて叫んでたな。


浅田美代子の下手くそな歌さえも懐かしい。



実際に放送されていたのは1974~75年とあるから、
もう40年以上も前になるのか、、、。
その頃の自分はどんなだったか。


 小林亜星 加藤治子 悠木千帆 梶芽衣子 西城秀樹   浅田美代子
   左とん平    由利轍       伴淳三郎


皆さんテレビ画面の中で若いな。
だが今となっては、
脚本を書いた向田邦子さんを始めとして
既に鬼籍に入られた俳優さんも多い。


見てるうちに
悲しくなってきた。


おもしろうて
やがて悲しき。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。