tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

通じる人通じない人 [178]

9月13(火)曇    退院して387日 / 手術から469日


だいぶ話せるようになったとはいえ、
こもった酔っ払いのような声。
「り」の音は絶望的(>_<。)


舌の可動部は全摘。
舌根部も5分の4を摘出ですから、
限りなく全摘に近い亜全摘。


でもその割に
よく喋れるし
よく食べられていると、
お医者さんも驚いてくれてます。
食事なんぞはまったくの普通食を、
多少時間かかるもまったく普通にのんきな顔して食べてますから(*^。^*)



しかししかし、
まだまだだな。
通じやすい人と、通じにくい人がいるのも事実。
通じにくくてへこむときがしょっちゅうある。


思うのだけど、
その差は
ちゃんと聞こうとしてくれてるか、
それとも
適当に聞き流しとけばいいや
というスタンスの違いのような気がする。


要は聞いてあげようという気持ちがあるかどうか。
エラソーだけど。



だいぶ前に
乳癌闘病中の北斗さんがブログで
「大きな病気になるとね、神様から人を見る力が貰えるんだよ!
 って教えてくれた人がいたけど、、、、。」   


なんか私もそんな風に感じることが多い。


大きな病を得て
ほんと
色々学びました。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。