tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

術後4日目の頃 : 338

5月31日(水)   晴曇  退院して647日 / 手術から729日


2年前の今日、
手術から4日目。


それより10日ほど後に
もう少し元気になりかけてから記憶を頼りに書いたメモから。



・両側を医師や看護師に支えてもらいながら
 初めて歩行器を使ってよたよたと診察室へ行く。
 こんなにも弱ってしまうものかと茫然とする。
   とにかく息が苦しい。
 
・朝と昼過ぎの2回、
 医師3人と看護師2人についてもらって数分歩く。  
 頭が上に上がらず、歩行器にもたれかかる状態。
 先生に「頭を上げて」と言われるが上がらない。
 ゆっくりと足を1歩ずつ出すのさえ呼吸が苦しく、
 途中で何度も休憩して息を整える。


・首、肩、腕等猛烈な強ばりが辛く、
 寝ても座っても楽な姿勢というものが見つからない。


・目の焦点合いにくいのと、
 腕と肩の強ばりがつらくメールを打とうとするも断念。


・眠剤を使っても昼夜を問わず眠れず、
 消灯後の夜がつらい。



心身共に限界に近いツラい日々が続いていたが、
1日ごとに確実に楽になっていくのだと
自ら言い聞かせて堪え忍ぶ毎日だったが、、、、。



この翌日に
信じられないことが起こるのだった。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。