tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

どうすれば生きやすいか : 345

6月7日(水)   雨  退院して654日 / 手術から736日


ある女性舌がんサバイバーの方がご自身のブログで、
国立がん研究センターの先生の講演について
まとめておられるのを読ませていただいた。


その中で、
がんに罹患した後は、
身体的なこと、精神的なこと、社会的なことなど
多方面に生きにくさを感じるものだが、
そのため
どうすれば生きやすくなるかという話しがあった。
列挙させていただくと、


(サバイバーとして生きて行くことに)少しずつ慣れて行こう。


2 ちょっと自己中くらいでちょうどいい。


3 少し弱音をはいてもいい。


4 使えるものは、何でも、誰でも使おう。


5 さらしてしまえば怖くない。


6 人にすべてを理解してもらうのは無理かも。
    察してもらおうとしないで、気持ちを伝えよう。
   


すべて、なるほどなあと納得。
中でも、1・5・6は特にそう思う。


1は、今の自分を受け入れそういうものだと割り切ること。
5は、隠すのではなく知ってもらうこと。
6は、がん患者であったからと過度の甘えを捨てること。
と自分なりに理解した。



私も、
より立派な?がんサバイバーを目指して、
これからの処世訓として
常に頭の片隅に置いておきたい。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。