tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

「花は咲く」 : 363

7月2日(日)   晴 退院して679日 / 手術から761日


午前中の早いうちに30度を越え、
午後からはたまらず昨日に続きエアコンを入れる。



終日家にこもりぼぉ~っとする。
ギター弾くのも気持ちが入らないし、読書にも集中できん。
することがないので
入院当時の日記をちらちらと読み返してみる。



2年前の7月2日の日記から
 ・朝の診察後、
  1ヶ月間いた診察室真ん前の重症患者用個室から
  有料4人部屋へ引っ越し。
  ほとんどを看護士さんにやってもらうが、
  首から肩にかけての尋常でない突っ張り感が改善しておらず
  しんどくてたまらん。
  疲れた。


 ・午後30分ほど面談室を借りて
  嚥下体操ならびにおしゃべりの自主練。
      おしゃべりは、
  まったく進歩しているようには思えず、
  気持ちがへこむ。


  ・夜6時から受付ホールで七夕祭り
   近所の園児らのかわいい歌や踊り、 
   新人看護士さんらによる出し物に心和む。
  

      


  中でも大学生の金管楽器での「花は咲く」の演奏に、
  自分にもまた花が咲くだろうかと思うと、
  目頭が熱くなった。
  何気なく隣の女性を見ると
  その方もこらえきれず目頭を押さえていた。



日記を読み返すにつけても、
よくもまあ、
無事にここまで回復したものだと
我ながら感心する。


ああ、ありがたや。


    

                                                七夕祭り後、7階の通路からの綺麗な夕焼け
                                                              今でもこの夕景は忘れられない。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。