tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

肉汁の思い出 : 714

9月19日(水)晴曇  退院して1125日 / 手術から1207日


Fish can be classified into two types,
fish with white flesh and fish with red flesh,
and pufferfish belongs to the category with white flesh.


たまたま目にした英文を読むともなく眺めていて、
その中のある単語によって
もうかれこれ30年は経とうかという昔のある光景が唐突に蘇り、
思わず声を出して笑ってしまった。



紅葉にはまだ少し早い奈良でのこと。
東大寺か法隆寺のどちらかの門前のお土産屋さんだったと思うが、
今となっては定かではない。
その店先で40年配の外国人の男女がある一点を見据えて
顔を真っ赤にして笑っている。
腹も抱えて笑っている。


あんまり楽しそうなので気になり彼らのそばに立ちその視線の先を追う。
で、次の瞬間、自分もいっしょに爆笑である。


段ボールらしきものにマジックで
 Flesh Juice
と書いてある。


お店の方は
「新鮮なジュース」の意味で fresh と書きたかったのは明らかだが、
間違った単語が悪かった。


これでは「肉汁」だ。



そんなこんなで
英単語1個のおかげで30年も昔にタイムスリップができた。


当時は若くて好きなことやってたけど、
なんか満たされてなくて常に鬱屈したものを抱え込んでたな。
でもそんな鬱々とした時代でさえ今では懐かしい。


どーでもいい肉汁のお話。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。