tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

500回 : 500

12月9日(土)   晴 退院して840日 / 手術から922日


退院して数ヶ月後の2015年12月11日に、
ある舌がん罹患者のブログに刺激を受け、
自らのブログを立ち上げた。


今日、
実質約2年で500回目。
我ながらよく続いている。


もともとは、
同病サバイバーに多くの励ましと勇気をもらったのがきっかけ。
今度は自分がその役割を担うことができればと思って始めた。



だが更新し続けているうちに心境に変化が。
今は
同病の方々を励ますと言うよりも、
うーん、なんて言えばいいのか、、、。


かっこつけてるわけじゃないけど、
しいて言えば
「生きた証」
みたいなものか。



とりあえずは、
5年寛解の日までは続けるつもり。


そこまで元気でいられるか。
いや生きていられるかな。


3度目の誕生日 初心回帰 : 499

12月8日(金)   曇晴 退院して839日 / 手術から921日


今日は
誕生日。
退院してから3度目の誕生日。



手術からひと月後、
手術時の病理検査の結果が出るまでは、
現在のこの姿を想像することなんて到底不可能だった。


stage 4 だなんて、
ほぼもう終わったようなものだと思い込んでいたから、
残された時間は少ないのだろうなという諦めがあった。



だから
病理検査の結果が
・断端陰性
・浸潤形態は術前の予想に比べ、強くない状態であった。
・リンパ管浸潤、脈管浸潤(転移のしやすさに影響)も認められなかった。
・術前画像検査からは両側頸部リンパ節転移を考えていたが、
 切り取ったリンパ節合計79個すべて検査した結果、転移なし。


 以上の状況から、今回の癌に対する治療は、切除(手術)のみで完了と考えている。
 もちろん進行癌であり、今後再発・転移を来す可能性はある。


と担当医から伝えられたとき、
「ひょっとしたら、
 これは生きられるかもしれない」
と目頭を熱くしながら思った。



それから2年と半年。
いちばん危険な時期を超え、
とりあえず何事もなくまったく普通に過ごすことができている。



この生かされているという幸運を
感謝せずにはいられない。
そして
不平不満はできるだけ言うまい。


初心回帰



待ち遠しくて : 498

12月7日(木)   晴 退院して838日 / 手術から920日


負傷から5日目にして、
ようやく痛みが薄らいできた、、、
ような気がする。


内部、深いところからくるジンジンした鈍痛から、
表面に近いところでのヒリヒリする痛みへと移行しつつある感じ。
明日になればもっと楽になるかな。



このブログを書いている最中に、
原付東北ひとり旅の酒のみNさんからLINE。
「今大阪行きのフェリーに乗り込んで、ラウンジでひとり宴会中です」
とビールと肴の写真。


先週は車で島根まで行き車中泊し、
その時もお店やつまみだのの写真を送ってきた。


今年からサーフィンを始め、
週末ごとに徳島まで泊まりがけで波乗り。
そして数ヶ月まえからテコンドーまで習い始めた。


そんな感じで精力的に動き回っている彼からは、
いっぱい刺激もらっている。
自分も負けてられないと。



そんなNさんともうひとり、
難関気象予報士の試験に合格したJさんとの
海岸冬キャンプが待ち遠しくてならない。
23日の土曜日。
今はそのことばかり思っている。


その日は、思いっきり寒くなーれ。


盛大な焚き火を燃やすのだ。
ああ楽しみ、楽しみ。