tongue twister のブログ

2015年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

45回目の : 1048

4月19日(水)晴 退院して2817日 / 手術から2899日


今日は術後8年、
退院して45回目のがんセンター診察日。
血液検査、頸部~胸部造影CT、上部内視鏡などの諸検査と、
頭頸科、歯科、皮膚科の診察。


下道を使い約50km75分の行きの車中では、
験担ぎも兼ねて今回もグレゴリオ聖歌が厳かに流れる。
最悪の結果になった場合の身の処し方などを、
あれこれとシミュレーションするのも今までと同じ。
何度回数を重ねても、
詳しい検査の前は嫌なもんだ。


特に今回は、
ひと月程前からひとつふたつ気になっていることもあり、
診察室に入る前の緊張感は大きかった。




で、診察の結果は、
胃に経過観察のポリープがある以外、まったく問題なかった。


ほんの少しだけ拍子抜けしないでもなかったが、
今回ばかりは安堵と喜びもひとしおだ。
これで今週末予定の外吞みで、また懲りずに遺憾なく美味い酒が飲めるわい。



それにしても、
ご夫婦でセンターに来られている方々の様子は、
正視に耐えないほど暗澹としたものだ。
こちらまで気が滅入りそうになるが、
どうか明るい展望が待ち受けていますように。


8年前の、主治医による “ステージ4” の告知の場面が甦る。


  

×

非ログインユーザーとして返信する