tongue twister のブログ

2015年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

9年目 : 1068

4月24日(水)曇 退院して3144日 / 手術から3226日


今日、退院してから47回目のがんセンター通院日。
今日も行きの下道約50km、1時間10分の車中は、
これまで通り、験担ぎではないけれど「グレゴリオ聖歌」が厳かに流れる。


血液検査、上部内視鏡、頸部~胸部造影CTといった検査後、
歯科と頭頸科の診察。
午前8時過ぎに到着し、
会計を終えたのが14時半。
検査のため朝昼抜きの体にはややこたえたが、
検査、診察結果にまったく問題なく、
疲れも吹っ飛ぶというものだ。


それと、検査結果と同じくらい嬉しかったことがあった。
9年前の退院以来、
入院時にお世話になった先生方が次々と異動され、
通院の度にほんとうに心細くさみしい思いをしていたのだけれど、
今日の頭頸科の担当医が、
入院時にお世話になった女医で、これからも自分の担当になるとのこと。
開口一番、お茶目に「出戻ってきました」と。
9年も前の one of them である自分のことをとても覚えていてくれ、
診察も冗談が飛び交う和やかで明るいものとなった。


9年経ってもまた半年後の10月に、
胸部X線やエコー、そしてMRIなど諸検査がある。
しかしあと1年なんともなく10年無事生き延びれば、
長かった経過観察もようやく無罪放免となるだろうか。


経過観察が終われば、
がん罹患者も、新たな保険に入れるのかな。


 

×

非ログインユーザーとして返信する