tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

昭和のどこが悪い ?! : 465

11月4日(土)    晴 退院して805日 / 手術から887日


東芝が
「サザエさん」のスポンサーを降板するという報道がされたばかりだが、
どっかの大学の先生かなんかが、
放送そのものを「打ち切りにすべき」
ということをブログで発信しているらしい。


労働社会学が専門とかで、
とにかく言いたい放題なので
自分なりに論理的かつ冷静に反論してみようと思う。


「家族の在り方も働き方も、描かれるものは現実とズレすぎている」 
  反論 : 現実との大きなギャップを懐かしみ、楽しんどるのだ!
       文句言うな!!

「家族の枠組みが変わりつつある中、昭和の憧憬時代劇を流されても困るのである」
  反論 :  いったいどこの誰がどーいう風に困っとるのだ?
        ここへその困っとるやつを連れてこい!! 


「今後の社会、会社、家族を問い直す意味でも」
  反論 :  皆さんが楽しんでいる漫画のことで、
      何をそんなに鼻の巣広げてコムズカシイことを言うとるのだ! 
      温故知新という諺もありますぜ。 


「国民を明日、会社や学校に行きたくなくさせるあの破壊力はいかがなものか」
  反論  : いかがなものか、ってアナタ。別にサザエさんを見たから悲しくな
      って学校や会社へ行きたくなくなっているのではない! ただ単に
      お休みが終わるから悲しいのと、学校や会社が面白くないから憂鬱
      になるのだよ、明智君。
      サザエさんひとりに責任をなすりつけるのはかわいそうだぞ。
 
「続けるなら『これは誰でもそこそこ幸せになれた昭和という時代を描いた時代劇
   です』とテロップを入れて欲しい」
  反論 :  昭和のどこがいかんと言うのだ! えっ!!
        昭和生まれのワシをバカにしとるのけ?!
 
「もし番組を続けたとしても、娘には、『サザエさん』は見せない。彼女は21世紀
    を 生きるのだから」
  反論 :  見せようが見せるまいが、勝手にせい!! そして何をかっこええこ
      とを言っておるのか! しかしかっこよすぎて恥ずかしいぞ。ワシも、
       「彼女は21世紀を生きるのだから」って言うてみたいわ。


 「時代に合わなくなりましたよね。家族でテレビを見る日曜夜に毎週放送するアニ
 メではないでしょう。昭和ノスタルジーでしかない。家族の形態も、働き方も、
 『サザエさん』と現代とでは違います」
  反論 :  みなさん、その昭和の香りを懐かしみ、楽しんどるのだ。古き良き時代
        を懐古することがいけないとでも言うのか、えっ!!
      第一、現代と違っているからといって、そのやりかたや価値観を否定し
      てはいけないのだ。
      バカボンのパパもそう言うとったわ。 これでいいのだ!



論理的に意見を展開したので疲れマチタ。
このへんにしときますね。


昭和、バンザイ!!




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。