tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

はじめての飛び込み受診 : 616

5月23日 (水) 雨曇 退院して1005日 / 手術から1087日


退院してから3年、
今日初めてがんセンターへ予約なしの飛び込み受診。



5月に入ったくらいから
再建した舌の表面の状態がよくなくて
いっこうに改善する様子が見えなかったのだが、
受診するタイミングをずっと逸していた。



受付カウンターで形成外科と頭頸科2つ予約を入れてもらい、
突然の予約にもかかわらず20分ほどの待ち時間で
最初の形成外科に呼ばれる。


2度の手術で舌の再建をしていただいたK先生。
触診して懐中電灯で散々眺めた挙げ句、
こちらが拍子抜けするくらい軽く
「これくらいの色の変化はなんにも問題ありませんよ」
???
でも紫色の部分もあったり前方1/3位が真っ白になっているではないか。
このひと月近く思い悩みそして怯えていたのは何だったのか?


「血流が悪くなっているのでは?」に対し
「術後3年も経ってからそんなことにはなりません」


 


このあとの頭頸科の診察は必要ないでしょうということで、
ご親切にも看護師さん、笑顔で
「こちらで取り消しておきますから」


せっかくはるばる来たし
頭頸科も受診してH先生にも会いたかったのになあ、、、
残念 (>_<)



ここ最近、術後3年をほんの目の前にして
「また十数時間の移植手術か!?」
などと最悪のことも脳裏をかすめることがあっただけに
ほんとうによかったデス。


術後3年まであと1週間。



本日のお会計 220円也

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。